2018年07月17日

田んぼなど

午前中は田んぼにいました。
水をがぶがぶ飲みながらの作業でしたが、体調に異変が。
これが熱中症なんですね。

田んぼ

お昼前に田んぼをあがり、高1の孫娘を長浜の耳鼻科に連れて行きました。

待合室には古い図鑑がありました。
植物図鑑は私が中学生時代に使っていた保育社のものです。
「ジィジが50年前に使っていたものと一緒や」と孫に説明しました。
「へ〜半世紀前にあったんや」と孫娘。

待ち時間に生き物の飼い方図鑑を調べました。
中1と小4の孫が飼っているカナヘビの正しい知識をチェックです。

図鑑

行政視察のお相手が終わり
孫娘を保育園にお迎えに行ったら、保育士さんから病院を受診するようご指示がありました。
孫娘の胸のできものが気になるとのこと。
すぐに主治医のもとへ。

診察結果は帯状疱疹とのこと。

主治医へ

  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年07月16日

田んぼの水

田んぼの水をポンプで抜いていましたが
バッテリー上がりになってしまいました。
水浸しです。

バッテリー切れ

  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年07月14日

湧水対策

生育が著しく悪い箇所がある田んぼです。
湧水があるようです。
用水路わきに溝を掘り用水路から遮断してみましたが、
それでも乾きません。

まだ乾かない

もう1か所は赤い水がしみ出ています。
地下水のミネラル(鉄)などが析出しているので
これは間違いなく湧水です。

田んぼの水対策(湧水)

  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年07月13日

穂肥

動力散布機を出してきて穂肥散布を始めました。  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

田んぼの排水ポンプ

田んぼの排水ポンプをもう1台設置しました。
こちらは用水路からの漏水ではなく、湧水かな。

水の表面に油膜のような膜が張っています。
突っつくと割れることからミネラルが析出しているようです。
金気の湧水でしょうか。
  
Posted by kitanifarm at 23:57Comments(0)

2018年07月12日

ポンプの設置

田んぼの用水路からの漏水で乾かない場所にポンプを設置しました。

排水

このポンプはお風呂用です。
古くなった車のバッテリーで駆動しています。
  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年07月09日

草刈り

田んぼの草刈りをしてきました。

草刈り1

草刈り2

次は穂肥散布です。
散布機を出して整備しなければなりません。
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年06月30日

畑に孫がついてきました。

孫と耕運機

畑

この耕運機での作業は、この子が2歳のころからしています。
下の写真は7年前のものです。

孫と耕耘機

  
Posted by kitanifarm at 23:57Comments(0)

2018年06月24日

発芽

先日播種した畑です。
1,300粒ほど撒きました。
「まだ生えてこん、どういう植え方したんや」と心配そうな母。

やっと芽が出てきました。

芽が出てきた

  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年06月23日

ニンニク

ニンニクを比較しました。
左の無臭大玉(ジャンボニンニク)の重さは10倍あります。

ジャンボニンニクと通常ニンニク

ジャンボニンニクはニンニクと同じようにアリシンが多く含まれていると共に、
ニンニクには無く、玉ねぎやポロネギに含まれる、
切った時に涙を出させる成分も含まれているそうです。

香りがマイルドなので、そのものを食べる料理に使えます。
例えば一片ごとに衣を付けてフライにしたり、
丸ごとホイル焼きなどにすると良いでしょう。

みじん切りなどにしてニンニクと同じように香り付けに使っても
マイルドなニンニク風味が楽しめます。

漬物などにしても美味しいのではないでしょうか。
  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

草刈り

雨が降る前にと思い
水路溝畔の草刈りを急ぎました。

草刈り(水路溝畔)

草刈り(畦畔)

  
Posted by kitanifarm at 23:57Comments(0)

2018年06月22日

農業

スクールガード(おうみ地域防犯安全パトロール隊)世継班の
連絡事項を整理しているところに電話をいただきました。
世継農業組合長さんからです。
「畔草刈りをしてください」とのこと。
作業は中断。
すぐに田んぼに向かいましたが、すでに他の耕作者も草刈りに出ていました。

草刈りは水路溝畔から始めました。
24日は田んぼの地主さんと耕作者で水路の泥上げ作業をするからです。

途中で刈払い機のエンジンがおかしくなりましたので中断しました。
残りは23日です。

草刈り

田んぼにはカルガモの親子です。ほのぼのとした気分になれます。

畑では妻と母とで無臭大玉ニンニクの収穫を始めてくれました。

カルガモの親子

  
Posted by kitanifarm at 23:57Comments(0)

2018年06月18日

播種

やっと畑に入り播種してきました。
まき遅れではないのか、とは隣で作業しているおばさんの指摘でした。

播種

  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年06月15日

お米の発送

予約いただいていたお米を発送しました。

ご連絡いただいた際
「ゆうパック送料がすごく上がっていますが、それでもよろしいか」とお伺いしました。
OKとのこと。
ありがたいです。

宇賀野郵便局に箱詰めしたお米を持ち込みました。
「きよたかさん、今日の集配は終了したので
 月曜までお預かりすることになりますがよろしいか」とのこと。
ご配慮ありがとうございます。すぐに彦根郵便局に向かいました。

30kg玄米を精米するとコヌカが除かれ9割程度になります。
15埖淨鵑弔斑淵棔璽詒△鯑れると28kgです。
駐車場から窓口まで距離があるので、抱えて運ぶのが大変でした。

  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

カルガモ

帰り道、田んぼの水を確認しているとカルガモの親子の姿が。
カメラを察知して逃げ出しましたが、
この辺りはカラスやトンビが上空から獲物を狙っています。
地上では蛇です。無事に育てばいいなと思います。

先日は琵琶田川でカイツブリの親子を見かけました。
その後どうしているのでしょう。

カルガモの親子

  
Posted by kitanifarm at 23:57Comments(0)

2018年06月13日

環境こだわり農産物認証通知、生産計画認定通知

現在収穫中のニンニクの環境こだわり農産物認証通知が届きました。
これで認証マークを付けて出荷できます。

ニンニクの環境こだわり認証通知

そして今年作付けするホウレンソウとニンニクの生産計画認定通知も届きました。

環境こだわり生産計画認定通知

  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

麦秋

何台ものコンバインで一斉に麦刈りを始めました。

麦秋

  
Posted by kitanifarm at 23:56Comments(0)

2018年06月12日

米の配達

議会が終わってからお米の配達に行ってきました。
草津にお住いの先輩宅までです。

今日は手土産として、収穫したばかりで土の付いた大根、ニンジン
そしてホウレンソウをお持ちしました。
  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年06月10日

ニンニク

我が家の赤いニンニクの説明用POPを作れとのご指示が。
とりあえず写真を撮りました。

 説明文です。
「赤く変化した皮は成分中のアントシアニンが出現したもので、この品種の特徴。
 また、この品種はニンニクの主要成分である「アリシン」が
 青森産ホワイト六片種の約2〜3倍は多く含有しているとか。」

ニンニクの写真

収穫したほとんどを熟成黒ニンニクに加工しますが、
その効能に期待しています。

●黒にんにくの特長としていわれていること
 ・抗酸化力が強い
 ・血液をサラサラにする効果がある
 ・食後のにおいが気にならない
 ・ドライフルーツのような食感
 ・長期保存できる
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年06月08日

ニンニク畑の整理

ニンニク畑の整理をしました。
無臭大玉ニンニクを収穫し、
湖岸までの約3アールにリン酸とマグネシウムを補給してから
トラクターで土を混ぜました。

落ち着かせてから鶏糞とカキ殻石灰等の有機資材をどっさり投入します。

雨が降るまでにと必死で作業していたら、
お隣で作業している方から笑われました。
農業はゆっくりやるもんだそうです。

ニンニク畑の後始末

  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年06月05日

畑作業

収穫したニンニクの根切り作業に没頭していると、
母が「雨の前に畑を耕して来い」とのこと。

トラクターを入れました。

畑作業
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年05月29日

ニンニク

環境こだわり農産物認証申請中のニンニクが
収穫時期を迎えました。

ニンニク

  
Posted by kitanifarm at 23:57Comments(0)

2018年05月27日

田んぼの雑草対策

田植えの終わった田んぼは、
雑草対策のため田面が露出しないよう水をたたえます。

水漏れがないか確認して回りました。

田んぼ

  
Posted by kitanifarm at 23:57Comments(0)

2018年05月24日

湖北農業農村振興事務所

世代をつなぐ農村まるごとの傷害保険の取り扱いについて
JAレーク伊吹で協議していました。

そこに湖北農業農村振興事務所から電話です。
昨日提出した書類に不備があるとか。

急いでそちらに向かいました。
農産普及課で書類の差し替えをおこない、
お隣の田園振興課では、
農村まるごとの事業について意見交換してきました。

滋賀県湖北合同庁舎

  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年05月23日

環境こだわり農産物の申請書

環境こだわり農産物の申請書類にやっと取り掛かれました。

29年度に生産計画の認定を受けたニンニクの収穫時期が近づいてきましたので
生産記録を作成、認証申請書を提出してきました。

また、30年度分の生産計画を作成して認定申請書を提出してきました。

作付け前に、環境こだわり生産計画の「認定」申請、
収穫前に生産記録を添付して環境こだわり農産物の「認証」申請です。

環境こだわりの申請

  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年05月20日

差し苗

差し苗の続きをしました。

もう腰が、...。
これで次のステップに移行できます。

挿し苗

  
Posted by kitanifarm at 23:57Comments(0)

2018年05月19日

田んぼ

さあ今日は朝から田んぼや、
毎回そう思いながら始まるのですが、なかなか掛かれません。
朝の日課にかわいい孫のお世話がプラスの土曜日です。

午後も遅くなってからの田んぼでした。
スタートが遅れるのはいつものことです。
暗くなったので中断しましたが、
あと2時間ぐらいの作業を残しています。

捕植(差し苗)

田植え機で植えることができなかったところを手植えしています。
手のひらで地面を撫ぜまわして、ならしてから苗を植えます。

田んぼや畑を手のひらで撫ぜまわす、これが農業なんですね。
泥で汚れた服装で帰宅すると、
なんでジィジは汚れているの、と孫たちが問います。
これが仕事なんだよ、と答えるのですが...。  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年05月18日

田植え2日目

田植え2日目です。
なんとか終わりましたが田植え機で植えられなかったところの
捕植(差し苗)が残っています。

四隅の捕植はいつものことですが、
今年から人農地プランで割り当てられた田んぼでは
とんでもないことが起こりました。
田植え機が深みにはまって取水口(水口)周辺に近寄れないのです。
田植え長靴を越える深みで1アールほどを手で植えます。

今までは大農家が大型機械で作業していたので問題なかったのでしょうが
私には、大型機械が荒らした田んぼの修復が課題です。
そして今から恐れているのは稲刈りです。
刈り取ったモミをコンバインから軽トラに移すため道路際に寄らなければなりません。
この取水口付近の深みは道路際です。コンバインが近寄れないのです。

田植え

天気予報では午後から雨。
それまでに作業をと思い、
前日から軽トラに苗を積んで準備していましたがなかなか掛かれません。
朝には、苗箱を積んだまま、あちこち走り回っていました。

軽トラ

お弁当を持って妻が登場しました。
お手伝いする気満々で来てくれました。
一緒にお弁当を食べながらふと見ると
遠くの農道に除草作業中の大型トラクターが動いています。
記録写真を撮ってきました。

草刈り

  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年05月17日

田植え1日目

やっと田植えです。
半分終わり次の田んぼに田植え機を移したのは
暗くなってからになってしまいました。

田植え

夕方
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年05月16日

田植準備

代掻きも済んでやっと田植に掛かれるようになりました。

農機具屋さんに頼んでいた田植え機の修理が終わっているので
積載車で迎えに行ってきました。

そして軽トラには苗箱棚を積みました。

田植の準備
  
Posted by kitanifarm at 23:57Comments(0)

2018年05月14日

代掻き

3日掛かりで代掻きが終わりました。

足回りの修理から帰ってきたトラクターですが、エンジンが不調です。
こわごわ、そしてだましだまし動かしてきましたがなんとか終了です。

昨日はカッパを着て傘を差していてもずぶ濡れになる中の代掻きでしたが、
打って変わって快晴の中の代掻きでした。

代掻き

代掻き完了
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年05月13日

雨の中の代掻き

雨の中、代掻きを始めました。
まず、トラクターの整備からです。

雨はだんだん本降りになってきました。
傘を差しながら2時間ほど作業して30アール1枚を完成して、ここで終了。
カッパを通して浸みてきた雨でびしょびしょ、
パンツまで濡れてしまいました。
ブルブル震えながらお風呂に飛び込み、
あったかいシャワーを浴びました。

一息ついてから遅い昼食でした。

まだ30アール残っています。明日にでも仕上げるつもりです。

トラクター
  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年05月12日

代掻き

トラクターのエンジン不調とはいっても暫定対策はできます。
お昼まで掛かって対策してから田んぼに入りました。

真っ暗になるまで作業して、
代掻きは半分の60アールが何とか済みました。

エンジンの暫定対策は6時間程度しか持ちませんので、
翌日はその暫定対策作業から入ります。
代掻きは残り60アールです。

代掻き

トラクター

ゴホンゴホンとエンジンが咳き込み始めました。
暗くなったので今日は終わりにしてくれと訴えているようです。
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年05月11日

田んぼ

小均しが終わりました。
直ったと思っていたトラクターはエンジンに問題があるようです。
そこで、今日は従兄から借りたトラクターで作業しました。

明日は代掻き作業です。
ドライブハローを使いたいのですが、トラクターをどうするかが問題です。

小均し

取水口パイプを整形しました。
ディスクグラインダーを使いましたが、
こんな時にエンジン発電機が便利です。

発電機
  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年05月07日

ハウスカーのタイヤ交換

農具小屋に押し込んであったハウスカーを修理しました。
タイヤが裂けていましたので交換です。

ハウスカーの修理
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

発電機の修理

発電機のエアエレメントがボロボロでした。

注文していたウレタンスポンジが入ってきましたので、
切り出して取り付けました。

発電機のエアエレメント
  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

田植え機の整備

田植え機の整備中に車軸からのオイル漏れに気付きました。

キャブレターはきれいに掃除してエンジンは掛かるようになったのですが、
オイルシールの交換は厄介です。

農機具屋さんに運んで修理を依頼しました。

田植機の修理
  
Posted by kitanifarm at 23:57Comments(0)

2018年05月06日

田植機の整備

田植機を出してきました。
エンジンのかかりが悪いのでキャブを分解して掃除しました。

キャブレター

キャブレターの分解

問題は車軸のオイルシールです。
こればっかりはどうしようもありません。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年05月05日

畑や田んぼの仕事

田植え機を出して整備を始めました。
いきなりエンジンの様子がおかしいのであせりました。
何とか掛かったものの吹き上がりません。
スロットルを開くと停止してしまいます。
キャブが詰まっているのです。

アイドリング運転のまま農具小屋から出してしばらく掛けていたら
吹き上がるようになりました。

いったんエンジンを停止して畑仕事の後でふと気が付くとエンジンの下がびしょ濡れです。
ゾッとしました。
オイル漏れなら修理に時間が掛かります。
指で拭ってみて一安心、ガソリンの漏れです。

これもキャブレターの問題です。
チャンバー内でフロートが上がって燃料を止めるニードルバルブの動きが悪いのでしょう。

田植機の整備

畑仕事で時間を費やしあたりが暗くなってきました。キャブの分解清掃は翌日に持ち越します。

86歳、腰の曲がった母の馬力には驚かされます。
「自分勝手」にはますます拍車がかかっていますが、
植付け前の畑は一人で耕耘作業しています。

トラクター作業は私の仕事、
蔓ものの支柱立ても私の仕事ですが、
それ以外はほとんど母が一人でこなしてくれます。
トンネルのマルチ掛けも一人でこなしてくれます。
母の元気に感謝!!

畑作業

母と耕運機

蓄圧式噴霧器が農具小屋に放置してありました。
しばらく前に母の求めで買ったものです。
背負式は無理なので小さなものをというので買ったのですが、
壊れたから使わんとのこと。

修理しました。
ポンプのOリングと弁の交換で修理完了。
メーカーも交換部品セットを販売していて自分での交換を勧めています。

蓄圧式噴霧器修理
  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年05月03日

取水口の漏水対策

人農地プランで、今年から割り当てられた田んぼの取水口の漏水対策をしていますが、
止水板では不十分のようです。

そこでエルボを取り付けようと思うのですが、取水口のパイプが割れています。
割れている部分を切り取り、取り付けました。

パイプの切断

エルボ

カナノコでパイプ切断しましたが、大変でした。
発電機が使えれば、現場でディスクグラインダーが使えたのに...。

後の祭りですが、発電機を出してきました。
しばらく使っていなかったのでエンジンが掛かりません。そこで修理に挑戦。

キャブレターを丹念に掃除しました。
結果は一発始動です。

発電機の修理
  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年05月02日

水口(取水口)

田んぼの水口からの漏水は
田んぼが乾かないのできちんと処理しておかなければなりません。
たとえチョロチョロ漏水でもです。

取水口の止水板は老朽化しているので、下まで下げても水漏れしてきます。

こんな時はパイプにエルボを取り付けて水を止めるのですが、
パイプが割れています。

そこで、止水板を作ってみました。
ゴム板ですき間を埋める工夫をしてみましたが、その成果は...。

...やっぱりエルボかな、と思っています。

ゴムを貼った止水板

止水板設置の様子
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年04月28日

壊れた取水口

孫たちと別れジィジは次の作業に。

新しく割り当てられた田んぼの取水口からの漏水対策です。

人農地プランで集落の農地集積が行われ、
所有する私の田んぼは大農家に、
大農家が耕作していた田んぼが私に割り当てられたのです。

施設が古いので取水口の調整板のゴムが劣化しています。
ここからの水漏れです。

こんな時はパイプの先にエルボを差し込んで止水するのですが、
パイプは割れています。

壊れた取水口

取水口の手前の溝に板をはめることにしました。

手元のプラ板で試してみました。
水を漏らさないよう、どのように細工するかが課題です。

取水口
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年04月27日

草刈り

私の草刈りの装束です。
首から下げているのは水筒ではありません。
長い距離を一気に作業するための補助燃料タンクです。

適当な燃料容器が市販されていませんので、
私は食用油の容器をよく洗ってから使っています。
耐油性も問題ないようです。
持ち手があって、とても便利。
注ぎ口はワンタッチ、片手て開閉できます。
刈払い機も補助燃料タンクも首にかけた状態で立ったまま燃料補給できます。

草刈りの装束

1日草刈りをしていました。
水路溝畔などを含めると延長で約500mの草刈りです。
往復で刈り取りますので1km歩いたことになります。

正味5時間の作業でしたので平均すると片道10mで3分となります。
のり面の幅がある水路溝畔では雑草が生い茂っていたこともあり10mで4分でした。
世代をつなぐ農村まるごとの活動で
作業の標準時間算出のため測定してみました。
測定値をレイティングしてからここに作業準備などの付帯作業をどう加算するかです。
一定時間を加算するのか付帯率を掛けるのかです。

草刈り

のり面の草刈りは
水路に刈草が落ちないよう作業します。
まず下から上へ刈り上げ、次に上面を刈ります。

水路溝畔

年を取ると筋肉痛は数日後に訪れるといいます。
残り30分ほどの作業がありますが、
痛みが出る前に終わらせねばなりません。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年04月22日

夏野菜の植え付け

夏野菜の植え付けで妻と母が大忙しです。

私はトラクターで畑を耕してきました。
母は「死んでまう、死んでまう」と言いながら私に手伝いをさせようとします。
私にも用事があるので離れるのですが、
一人で器用にトンネルをかぶせたりしていました。

母の元気に感謝!

野菜苗は農業組合のあっせん販売で妻が購入してきました。  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年04月20日

きれいな夕日

畑仕事に出かけた母が種まきをしてその上をトンネルで覆おうとしていました。
ちょうどエンジンポンプを整備しようと到着したところでしたので、
一緒に作業しましたがマルチの幅が足りません。

3尺ものが手持ちですから4尺ものを買ってきました。
幅を測りながら確認したのですが「5尺に交換してこい」とのこと。

交換してこい、はいつものことです。
自分で試着して買った洋服でも帽子でも・・・。オカンには振り回されます。

とりあえず、4尺ものでトンネルを覆い、夕方5尺ものを調達に走りました。

彦根のホームセンターに向かいましたが、
下の孫二人がついてきて、きれいな夕日に大騒ぎ。

じぃじ、カメラ貸して、と小4です。
車中からシャッターを押していました。

夕日

夕日 入江交差点
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

トラクターが不調

トラクターのオイル漏れです。
代掻きまでに修理しようと思っていましたが、
自身での修理はあきらめ農機具屋さんに依頼しました。

オイル漏れ

オイルの配管
  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年04月19日

ニンニク畑

無臭大玉の畑です。
普通のニンニクより作りやすい印象です。

ニンニク畑
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)

2018年04月17日

作付け

種生姜が届きました。
左が通常の小生姜で、右は近江生姜です。
大きさがずいぶん違います。

昨年は近江生姜を作付けしましたが道の駅で好評でした。
今年は両方の作付けをします。

種生姜

「畑の準備ができたのですぐに持って来い」
85歳になる腰の曲がった母です。
元気です。
全部植えてくれました。
ありがたいです。  
Posted by kitanifarm at 23:57Comments(0)

2018年04月14日

畑仕事と孫娘

朝から孫娘がべったりと付いてきました。

田んぼ

トラクターにも乗ってきます。
狭い畑は頻繁にハンドル操作が必要ですが、
膝の上に乗ってきた孫娘が邪魔になります。
でも降りてくれません。
どこへ行くにも付いてきます。

トラクター

畑仕事の次に米原駅東口のアゼリアに向かいました。
用事を済ませたら彦根の浄化センター雨水調整池広場に向かえと言います。
遊具で遊んで納得してくれました。

調整池公園

滑り台

午後は、昨日買ったエンジンポンプを畑に設置しました。

吸管の接続が変わるので
打ち込み井戸からの吸管を取り外してホースカップリング交換作業からです。

一発始動したのはよかったのですがハンチングです。
エンジンの回転が安定せずに脈動します。
オイル量が多すぎると判断して液面を下げてみました。
これで問題解決。調子よくなりました。

この作業中、孫娘は畑の土をこねて泥団子づくりです。

エンジンポンプ
  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(0)

2018年04月13日

エンジンポンプ

エンジンポンプを新調しました。

このポンプは、ホームセンターの処分品として、
しばらく前から箱なしでレジの横に置いてありました。

処分品ですから通常の半額という感覚です。

夏場、ポンプの調子が良くないと、母が大騒ぎ。
畑に緊急呼び出しです。

そこで、予備として購入することにしました。

レジで並んでいると後ろのおっちゃんが
「大きなポンプ買うんやね」
「小さなポンプより安かったんですよ」
「まだあるんか」
「処分品ですからもうないです」
「わし、欲しい」
「残念ですね」

持ち帰ってもすぐには動きません。
まずオイルを入れてからエンジン始動です。
処分品ですから心配しましたが、一発で掛かりました。

エンジンポンプ
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)