2011年01月23日

中日新聞びわこ版

昨日、世継まちづくり委員会の皆さんと参加した学習会の記事が、中日新聞びわこ版に掲載されました。
身近な話題が取り上げられるびわこ版ですが、自分たちの姿が写っているだけでうれしいものです。
前から3列目に、ごえんさんやあきらさんの後姿が確認できます。
中日新聞びわこ版1月23日
 (出所:中日新聞 平成23年1月23日朝刊19面 びわこ版)
この記事は、中日新聞社の許諾を得て転載しています。

下は、記事掲載の許可を得るための様式です。
必要事項を記入してFAXしたら、すぐに許諾書が届きました。
中日新聞著作物使用申請書
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2009年09月26日

まちづくりシンポジュウム

 10月13日(火)、長浜文化芸術会館にて長浜・米原まんなかまちづくりシンポジウムが開催されます。開会は13時30分から、入場無料です。

 主催は長浜・米原まんなか夢のまちづくり会議で、後援は長浜市と米原市です。

 まずイオン株式会社環境最高責任者土谷美津子氏による「イオンの環境の取り組み」と題する基調講演で始まります。続いて、パネルディスカッションです。コーディネーターは滋賀県立大学環境科学部の仁連孝昭教授で、パネラーは川島信也長浜市長、泉峰一米原市長、土谷美津子イオン株式会社環境最高責任者、伊藤正恵長浜バイオ大学教授、沢野邦三長浜・米原まんなかまちづくり会議会長とそうそうたる皆様です。

以下、趣意書からの抜粋です。


【琵琶湖畔から発信するコンパクト・コミュニティをめざして】

 今、私たちを取り巻く地域社会は、少子高齢化時代を迎え、ゆるやかな経済成長と成熟社会の中で、より質の高い持続可能な地域づくりが求められています。
 こうしたなか、長浜市の北陸本線田村駅、米原市の坂田駅の周辺地域では、公共交通拠点という社会資本ストックと水と緑に囲まれた琵琶湖畔という恵まれた環境を有効に活用し、次世代へ継承できるまちづくりを行政の垣根を越えて住民主導、地域主導で創造し、共に共有することでその実現をめざそうと「長浜・米原まんなか夢のまちづくり会議」を平成16年10月に組織し、継続的な活動を展開しています。
 当会議では、昨年8月に駅を中心に歩けるコンパクト・コミュニティづくりを標榜した「長浜米原まちづくり構想」の提言をおこないました。まちづくりの鼓動は前向きな一歩を踏み出すことで大きなうねりとなるものと考えています。
 そこで活動の一環として成熟化社会における環境まちづくりをテーマにシンポジュームを開催し、駅を中心に歩けるコンパクト・コミュニティづくりを参加者の皆さんと考えていきたいと思います。

問合せ先
 長浜米原まんなか夢のまちづくり会議事務局
 〒526−0043 長浜市大戌亥町1001番地
 TEL(0749)63−1611 FAX(0749)64−0661  
Posted by kitanifarm at 16:56Comments(0)TrackBack(0)

2008年01月29日

坂田駅周辺整備構想検討委員会

今日は「坂田駅周辺まちづくり報告会」です。

今年度(19年度)区長会が立ち上げていただいた坂田駅周辺整備構想検討委員会では、これまでに30回ほどの会合をもち「坂田駅周辺まちづくり構想」を作り上げていただきました。

坂田駅周辺のまちづくり報告会会場いっぱいの参加者です。
用意していた配布資料が不足し急遽増し刷りしたとのこと。
近江地区居住の市議5名(粕渕、音居、清水、北村喜代信、それに私)も全員参加です。

大林文彦地区区長会長挨拶近江地区の区長会長、大林文彦氏の開会挨拶です。
この検討委員会が実施した住民アンケートでクローズアップされた「駅周辺の防犯安全対策」は、喫緊の課題として採り上げ、駅前交番設置の陳情を始めたとの説明がありました。


仁連教授による構想のまとめ報告県立大学環境科学部の仁連教授です。
住民アンケートの説明から入っていただきました。
説明の最後は、駅前開発のイメージでした。

駅前開発イメージは、大変わかりやすく、絵で表現したり、駅の周りの模型(ジオラマ)づくりに役立ちそうです。
委員会で、絵やジオラマを一般募集したら面白いし、地域の夢をみんなで描けると思います。

「安心と希望」が、まちづくりや組織開発の、私のコンセプトですが、
安心と希望が持てるまちづくりに向けた「市民との協働」がスタートを切りました。

50年後の人口構成質問にこたえる、研究室の曽々木女史です。
自身の卒論を引用して、近江地区の50年後の人口予測を説明してくれています。
現在の人口出入り傾向のまま、何も手を打たなければ、この地も限界集落化するということです。

だから、駅周辺を開発して、若い人が住みやすい、この地に住みたいと思うまちづくりが必要なのです。

真川武彦副区長会長挨拶閉会のご挨拶は、地区区長会副会長の真川武彦氏です。

司会は区長会事務局の近江市民自治センター長司会は区長会事務局の自治センター長でした。

平成17年に始まった「長浜近江まんなか夢のまちづくり会議」では、
田村駅と坂田駅周辺で
●「歩いていけるまち=コンパクトシティ」をつくろう。
●そして数千人規模で人口を増やそう。
こんなことを議論してきました。

合併で近江は米原となり、会議の名前も変わりました。
「長浜米原まんなか夢のまちづくり会議」です。

そしてこの会議に呼応した近江地区区長会の取り組みは、坂田駅周辺の夢をぶちあげてくれました。
特に農振地との折り合いをどうつけるかについても指針を示してくれたのではないでしょうか。

さあ、これからです。
田村駅に向かって、
湖岸に向かって、
8号線に向かって、
米原駅に向かって、
もっともっとイメージを膨らませ、夢を描きましょう。
そして夢の実現に向けて英知を集めていきましょう。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2008年01月12日

まちづくり対談

まちづくりを研究している滋賀県立大学環境科学部の学生さんが訪ねてきました。
坂田駅周辺や世継の農業について教えてほしいとのことです。
そこで、今年の区長さん、平成15年度の区長さん、担い手農家で平成16年度の農業組合長に集まってもらいました。

878f9a8f.jpg写真は地域農業の課題や集落の将来像について対談している様子です。

そして猫が2匹、神妙な顔をして参加しています。
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月30日

坂田駅周辺整備構想検討委員会

長浜・米原「まんなか」夢のまちづくり会議では、田村駅、坂田駅周辺のまちづくりについて研究してきています。
田村駅周辺は、長浜の有志による長浜南部開発計画がすでにありましたので、これに基づく、まちの模型もできたりして、具体的にイメージできるようになってきました。

ところが、坂田駅周辺は、旧近江町時代から具体的計画も無く、大型店舗誘致が頓挫した話だけ。
「もしも、あの店舗が誘致できてたらなあ」
「○○が土地を押さえていたからアカンのや」こんな話ばかりでした。

そこで、昨年度は、県立大学を訪問。お世話になっている環境科学部の仁連教授に、坂田駅周辺の再調査をお願いしてきました。

一方、3月議会の一般質問では、米原駅以外の4つの駅周辺まちづくりについて、市の姿勢をただしました。
そこで、坂田駅を中心とするコンパクトシティの取り組みなどを、市の総合計画に織り込むとの答弁を得たことから、当局もより具体的に今年度は動きだしています。

今年度は、区長会でこのことを取り上げていただき、坂田駅周辺整備構想検討委員会の設立がかないました。

坂田駅周辺整備構想検討委員会今日は、仁連教授の講演会です。
コンパクトシティのお話や、今までの調査結果をもとにした、駅周辺開発のイメージをお話いただきました。  
Posted by kitanifarm at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月07日

長浜・米原まんなか夢のまちづくり会議

長浜・米原まんなか夢のまちづくり会議報告会が長浜の六角館で開催されました。

川島市長川島長浜市長ごあいさつ

平尾市長平尾米原市長ごあいさつ

仁連教授滋賀県立大学の仁連教授による構想案の報告

開会前、パソコンでのプレゼンテーションに支障があることが判明、
急遽拙宅のパソコンを持ち込むことになりました。
すぐに自宅に取って返しパソコンやプロジェクターを持ち込みました。
しかし、これもNG。

昨日、使ったパソコンがあることを思い出し従兄に電話です。
「社長、助けて! すぐに昨日のパソコン持ってきて!」
教授の報告が始まったその時、届きました。

肝を冷やしました。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月02日

長浜米原まんなかまちづくりシンポジウム

長浜米原まんなか夢のまちづくり会議では、これまで会員相互の意見交流を重ねながら、滋賀県立大学環境科学部の仁連教授と村上助教授の指導により調査研究活動を進めてきました。
今日は、地域住民の皆さんと共に考えるシンポジウムを開催、米原市からも多くの住民さんが参加しました。

仁連教授による基調講演仁連教授による基調講演。

平尾市長の来賓挨拶来賓挨拶される平尾市長。
  
Posted by kitanifarm at 19:33Comments(0)TrackBack(0)

2006年09月20日

出来事

今日は、長浜文教短期大学で開催された、まちづくり研究会に参加してきました。
講師は県立大学の仁連教授。
町のイメージが立体模型で出来上がっていました。そこでは、私の意見を聞いていただく場面もありました。

その後、近江母の郷文化センターに向かいパネル展示の状況把握。そして、特産品作りに向けた地域女性の熱い思いに耳を傾けてきました。  
Posted by kitanifarm at 22:59Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月21日

長浜・近江まんなか夢のまちづくり会議

e1ef4510.jpg写真は母の郷文化センターの会議室です。
来賓として長浜市川島市長と米原市平尾市長にご出席いただき、お言葉を頂戴しました。
今日の会議では、県立大学仁連教授と村上教授による研究成果発表の後、参加者全員の意見交換をおこないました。

今日、私が特筆すべきは、次の2点です。
1.旧集落の高齢化率の高まりと共に空家が増加しているが、ここにも目を向けたまちづくりが必要だという意見が出たこと。
2.具体的な絵になってきたことから、農地転用や、農業者へ配慮すべき点が見えてきたこと。  
Posted by kitanifarm at 17:56Comments(2)TrackBack(0)

市長の動向

滋賀中日4月21日から抜粋中日新聞滋賀版です。
長浜市長、米原市長は共に「長浜・近江まんなか夢のまちづくり会議」総会に出席いただきます。

今日は、初めて米原市側での開催を設定していただきました。
宇賀野地先の湖岸にある「母の郷文化センター」会議室が会場となります。  
Posted by kitanifarm at 10:19Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月04日

市長との懇談

「長浜・近江まんなか夢のまちづくり会議」の会長、副会長そして事務局の皆さんと共に、市長と懇談してきました。

市長からは「従来型ではない新しい行政と民間との対等な関係でもって、スピード感をもって取り組みたい。良い関係で良いものをつくり、新しい賑わいのある活力あふれるまちづくりをしていきましょう。」と前向きな姿勢を示していただきました。

また市は、センター長同席のもと、近江市民自治センターに担当いただけることを確認しました。

湖岸に位置する米原市北西部地域と長浜市南部地域の、発展のビジョン作りが、県立大学仁連教授を中心とするグループで進められ、私たち、この会議の会員の、夢や思いを込めていきます。  
Posted by kitanifarm at 16:04Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月13日

役員会

 13日は長浜・近江まんなか夢のまちづくり会議役員会が開催されました。

 まず役員改選です。新会長に前監事の北川貢造氏、監事に前会長の井恒昭氏とするものでした。
 次に、滋賀県立大学環境科学部仁連孝昭教授の「長浜・近江まんなか夢のまちづくりへの提言について」と題する講演で、米原から長浜に抜ける北国街道による都市と田園の調和したまちづくりなど多くの提言をいただきました。そして意見交換も活発におこないました。
 終了後は、副会長の社民党滋賀県連代表沢野邦三氏や相談役の長浜市議会議員茂森五郎氏との情報交換もでき、有意義な1日でした。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月06日

アンケートの結果報告

 長浜・近江「まんなか」夢のまちづくり会議では「住民のまちづくりへの意識調査アンケート」を1月末に実施し、その結果が3月17日の会議で報告されました。この席上、アンケートに協力いただいた方全員に報告書を配布することになり、4日に受領しました。
 5日、6日は8集落の新年度区長さん宅を訪問、アンケート配布をお願いしてきました。  
Posted by kitanifarm at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月17日

アンケートの結果報告

e94e0e75.JPG 17日、長浜の4自治会長と近江町4区長を招いたはじめての会合がもたれ、1月末に実施したアンケート結果報告がありました。
 私は、米原市との合併協議会における本会議の認知状況として「新市まちづくり計画書」への反映と、平成17年度一般会計予算計上を近江町側会員として報告しました。  続きを読む
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月09日

アンケートの回収2

 『長浜・近江「まんなか」夢のまちづくり会議』では、住民のまちづくりへの意識調査のため、アンケートを実施しました。対象地区は長浜市9自治会、近江町8自治会です。
 私は近江町側を担当、8自治会に2,468部をお願いしたところ、回収は1,238部、回収率50.2%でした。3月に報告すべく事務局で内容集計してくれているところです。
 アンケートにおこたえいただいた皆さん、ありがとうございました。そして、区長さんや役員さん、大変お世話になりました。
 また、2月2日付「みんなの滋賀新聞」(サンプル紙)にこの会議の取材記事が掲載され、各方面の期待の高さを感じています。
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月31日

アンケートの回収1

 『長浜・近江「まんなか」夢のまちづくり会議』では、住民のまちづくりへの意識調査のため、アンケートを実施しています。対象地区は長浜市8自治会、近江町8自治会です。私は近江町側を担当、31日までの回収をお願いした7自治会の区長さんを訪問、受取ってきました。
 7自治会に1900部を配布し950部回収できました。各区長さんに感謝します。残り1自治会580部の回収は来週になります。

 市町合併の影響で、この会議の進め方が難しくなっていると当初考えていました。
ところが、近江町議会議長が27日の合併協議会で認知を迫っていただいたことから『長浜・近江「まんなか」夢のまちづくり会議』は新米原市で正式に認められることになります。
 また、近江町当局の課長補佐は、長浜市の動向をうかがっているものの、積極的な姿勢が見えはじめました。ありがたいことです。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月20日

アンケート

 『長浜・近江「まんなか」夢のまちづくり会議』のアンケートをお受けいただいてなかったお一人の自治会長さんからありがたいお言葉を頂戴しました。「アンケートを持ってきなさい」とのこと。
 議長からも協力要請の電話をいれていただいたことや、他の自治会の様子をご報告したことでお考えを変えていただいたようです。
 『長浜・近江「まんなか」夢のまちづくり会議』は長浜との合併が破綻した頃に設立されましたので、新米原市との合併に反対する分子の活動と誤解されることを心配されていたようです。
 この会議は米原市合併協議の実務者調整で、近江町の各種団体として認知されているという合併推進室長のお話を紹介したり、町長の施政方針「長浜バイオ大学関連事業との連携」に整合していることから町長も応援されていることを紹介しあらためて了解いただきました。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月15日

アンケートの実施

 長浜・近江「まんなか」夢のまちづくり会議では、住民のまちづくりへの意識調査のため、アンケートを実施します。対象地区は長浜市8自治会、近江町8自治会です。私は近江町側を担当、15日の朝までに賛同いただけた7自治会の区長に配布と回収をお願いしてきました。回収は1月末になります。
 市町合併の影響で、この会議の進め方はやや難しくなっているようです。近江町は米原市との合併、長浜市はびわ町や浅井町との合併ということで、この会議のことを互いの行政や議会で話題にしにくい状況にあるように感じます。
 しかし、両方の行政は、この会議に期待をかけていることもわかります。近江町では合併協議の各種団体のなかにこの会議の存在を記載し、認知を示しているとのことです。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2004年11月10日

長浜・近江「まんなか」夢のまちづくり会議

 第1回会議が9日、長浜バイオ大学で開催され出席しました。
 長浜南部と近江町西部にまたがる次世代まちづくりを具体化する取り組みとして16年度事業計画、予算を審議し了承しました。その後、意見交換をおこない、皆さんの長浜南部地域にかける開発の思いをお伺いすることができました。
 長浜の方からは、今までのような行政主導から民間の力を活かす取り組みにしたいのご意見がありました。ところが、わが近江町行政においては企画の機能が無いのではないか、したがって行政主導の都市計画、開発計画など期待すらできない。これから長浜市のやり方を少しでも近江町が勉強しなければならないのではないかとの意見を出しましたが、レベル差が歴然とした思いです。

  続きを読む
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月05日

長浜・近江「まんなか」夢のまちづくり会議

e0a9ba9b.JPG

 5日、長浜バイオ大学にて、長浜・近江「まんなか」夢のまちづくり会議設立準備会が開催され、近江町側の委員として、町長から推薦をいただき出席しました。
 長浜バイオ大学(関西文理総合学園)理事長、滋賀文教短期大学学長、県立長浜高校校長はじめ各界の方々と、この会議を通じ、お付き合いいただけることは、私にとって誠に光栄なことです。
 写真は会長就任のご挨拶をされている社会福祉法人石龍会井理事長です。

  
Posted by kitanifarm at 17:55Comments(0)TrackBack(0)