2010年02月14日

長浜市長選挙

藤井勇治氏が現職の川島信也氏に1万票以上の差をつけ当選されました。

長浜市長選挙
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月10日

滋賀県の市議選

 16日に告示される県内の市議選、市町合併した5市でおこなわれます。
 米原市24議席、東近江市24議席、甲賀市30議席、湖南市24議席、野州市24議席を争います。
 今までのように出身集落を基盤にした運動だけでは当選が難しいことから、選挙戦略の変化を求められています。

 現職においては、範囲の広がりに合わせた活動を、今までどれだけしてきたかがポイントではないでしょうか。
 私は、活動実績を報告する機関紙「プログレス通信」による広報範囲を、同僚議員に遠慮して、狭めてきたことが、今になって悔やまれます。
 それでも、町内半分の世帯にポスティングしてきました。これが、役立てばと思っています。  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(2)TrackBack(0)

2005年10月03日

米原市近江庁舎開庁式

99c555e5.JPG近江庁舎開庁式が開催されました。
今日から新体制、行財政の効率化に向けた取組みに目を向けていきたいと思います。
写真は除幕式、左から山口徹前近江町長、平尾道雄米原市長、赤堀義次県議会副議長、馬淵義博湖北振興局長です。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月23日

閉町式

503667f5.JPG閉町式が盛大に開催されました。

感謝状贈呈感謝状を受けられた皆さん

藤井勇治代議士藤井勇治衆議院議員からご祝辞をたまわりました

平尾市長平尾米原市長からご祝辞をたまわりました

町旗降納町旗降納です。
今日は涙を見せなかった町長とおもいきや、このシーンで涙を抑えることができなかったそうです。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月05日

第3回米原市・近江町合併協議会

fd4f78f3.JPG近江町立はにわ館かたりべホールにて第3回米原市・近江町合併協議会を開催、10項目の報告事項について審議されました。
今回が最終回、平尾市長と山口町長からそれぞれ「編入合併という形式であったが、対等協議をしてきた」と最後にご挨拶され閉会しました。

傍聴の近江町議会議員は私一人、見とどけるのも責務と思うのですが...。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月22日

井戸町踏切の改良

 22日、米原市平尾市長よりお電話いただきました。井戸町踏切改良について県との話を始めるとのお言葉です。7日には自民党滋賀県連政調会長の辻村克先生、11日は自民党滋賀県連総務会長赤堀義次先生から心強いお言葉をいただいております。そこに平尾市長からのお言葉で、長年の課題解決に向け道が拓けていく様子が見えてきます。
 米原市への編入合併ということから近江町住民が不利になると揶揄する方もお見受けします。しかし平尾市長は合併前の近江町各区長や議員の声にも耳を傾け行動していただいているのです。「実質対等」の言葉にウソは無かったと言えるのではないでしょうか。  
Posted by kitanifarm at 09:24Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月01日

越後屋

 なぜ越後屋なのか。
 それは、小西理先生の3月23日の日記に出てきたので悪乗りして使ってしまいました。時代劇での悪人はやっぱり越後屋だなって感じです。
 ところで、紀州屋も登場させたのですが、これはあまり悪徳商人のイメージが無いようです。そこで桔梗屋に変更しました。いずれにしても悪徳商人は抜け荷なんかをやって暴利をむさぼる回船問屋ってところでしょうか。水に縁が深いですね。  
Posted by kitanifarm at 23:32Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月31日

越後屋成敗!

 越後屋があの方だったとは...。
 議長が登場、越後屋に乗りこみました。まさに水戸黄門です。私といえばうっかり八平のように、道案内をして座敷の隅で印籠が出てくるのを見ていました。
 議長は、毅然とした態度で「議会を混乱させるな」、また「このようなことをするな、代官様の名に傷が付くではないか」とお諌めになりました。
 これから代官様は越後屋との縁を切り、良い代官として民衆をまとめていかれることでしょう。めでたし、めでたし。  続きを読む
Posted by kitanifarm at 22:28Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月30日

顔の見えない議員

 昨年7月に開催された区長会研修、1泊で出かけましたが、出発前に近江町役場の委員会室で合併についての説明会が約2時間開催されました。私も昨年は区長という立場で参加しました。
 合併は6月末の浅井町離脱、そして長浜市議会が「対等合併ではなく8町を編入とする」決議をしたところで混乱していた時期です。この時、2名の区長さんが「議員の顔が見えない」、「議員の発言や主張が無い」とご発言になりました。
 これを受け私が発言した内容は、「プログレス通信6号」に掲載、その後多くの皆さんにご覧いただき論議をかもしました。また共産党社民党からはそれぞれの機関紙で攻撃いただき、攻撃いただくだけの相手と見ていただけたことに自身の成長を感じた次第です。匿名の投書もいただきました。ここで初めて諸先輩と同様の「顔の見える議員」になれたということでしょうか。

 さて現在、近江町議会は3月議会前の主導権争いに終止符が打たれ、議会も当局も一致協力して新米原市に向けた取り組みを進めようとしています。ところがです。

 また本町の黒幕が暗躍をはじめたようです。そんなに新市になっても黒幕の座が欲しいのでしょうか。「顔の見えない議員」たちを手足に使い平尾道雄米原市長の当選祝賀会を開催するようです。こそこそと本町の「顔の見えない議員」が集うのでしょうか。またまた黒幕たちが町民を自身の満足のためだけに売る画策でもするのでしょうか。

 平尾市長のお祝いや意見交換会は大いに結構だと思います。しかし、今は議会も当局も一致協力する時です。偏った参加者による開催は、再び議会内抗争につながるでしょうし、平尾市長のイメージに大きな誤解を与えます。

 それは、『「黒幕」や「顔の見えない議員」を操る市長』というイメージです。それでいいのですか、平尾市長!

 多くの支持者は「正義の味方」を求めています。越後屋とつるむ悪代官は成敗されますぞ!  
Posted by kitanifarm at 15:05Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月15日

住民代表

63651147.JPG 合併協定書に立会人として署名いただいている住民代表委員の古野義男さんと小川守さんです。お二人には大変ご苦労をお掛けしました。  
Posted by kitanifarm at 20:05Comments(0)TrackBack(0)

国松知事

98d04941.JPG 合併協議会に出席いただいた国松知事と握手する山口町長、そして平尾市長です。  
Posted by kitanifarm at 19:56Comments(0)TrackBack(0)

米原市・近江町合併協定調印式

f6afb6ee.JPG 15日、合併協定調印式が執り行われました。私は「議会広報」と書いた腕章をして4月25日発行の「議会だより」表紙を飾る写真を撮るため会場内を走り回っていました。  
Posted by kitanifarm at 19:35Comments(0)TrackBack(0)

合併協議会

ebfa126e.JPG 15日、調印式に先立ち第2回合併協議会が開催されました。  
Posted by kitanifarm at 19:30Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月28日

お祝

7284820b.JPG 平尾道雄米原市長の誕生、おめでとうございます。
 写真は当選祝賀会万歳三唱直前の一コマです。国会、県会の先生方、国松知事などのお顔が確認いただけます。  
Posted by kitanifarm at 07:00Comments(1)TrackBack(0)

2005年02月26日

第1回合併協議会

3a0e712e.JPG 21日には米原市、近江町それぞれで臨時会が開催され、法定合併協議会設置を議決、そして25日は第1回協議会が開催され合併への順調なスタートをきりました。

 協議終了後、近江町住民代表から保育料をめぐる新聞報道について遺憾の意が表明されました。これは、近江町の編入が原因で値上げしなければならないと思わせるような表現の記事で、取材を受けた米原市職員が流したものであるなら大問題であるとするものでした。(写真は遺憾の意を表明されている住民代表委員)山口町長も閉会挨拶でこのことに触れられ、懸念が表明されました。
 また、終了後のロビーでは、これまでの任意協議会の議論を無視するものとして、米原市側の委員さんも強い口調で意見交換されていました。

 しかし、本町議会代表の発言が無いのです。このことは傍聴していた自民党近江支部小川支部長はじめ、他の議員からも疑念の声が起こっていました。

 ここで発言しない、できないことは町民を売ったと同じ事ではないでしょうか。  
Posted by kitanifarm at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

個人への憎しみや過去

 「政治」とは「ある社会の対立や利害を調整して社会全体を統合するとともに、社会の意思決定を行い、これを実現する作用」(大辞泉−小学館)とのことです。対立や利害を調整して社会全体を統合するために重要なことは「説明責任を果たす」ということではないかと考えています。議員は、「自分の判断の正当性」を「自分の言葉」で説明しなければならないのです。

 個人への憎しみや過去にとらわれ、メガネが曇った議員がいるなら糾弾されねばなりません。そんな議員に政治ができるわけがありませんし、説明責任を果たすこともできないでしょう。
 憎しみは他人に利用されやすいものだということにも心したいものです。  
Posted by kitanifarm at 02:35Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月25日

対立を煽る者

 市町合併の議会内対立はいまだに尾を引いているようです。
 合併後の舵取りについて理解を得ようとしていますが、これさえ黒幕による権力争い、すなわち議員工作の道具にされている懸念がでてきました。黒幕の影響を過小評価していたと、私は大いに反省しています。
 黒幕は傀儡(かいらい)議員により議会を弱体化しようとしているようです。そして「近江町を動かしているのは自分だ」とほくそえみながら、新米原市でも黒幕でいられる策を練っているのでしょう。
 「匿名の場外活動が政治なのか」と15日の本BLOGに書きましたが、その通りになろうとするのも寂しいものです。私達議員は自分で判断すべきですし、住民や支持者にその訳を説明できなければなりません。こそこそと説明責任を果たせない活動をする議員がもしいるとするなら糾弾されなければなりません。  
Posted by kitanifarm at 08:00Comments(1)TrackBack(0)

2005年02月24日

合併対策

 今日は、自民党近江支部長と共に町内全区長宅を訪問、米原市の舵取りに関する党支部と議会の考えを示して、ご理解を求めてきました。
 私達は今、合併後に視点を移した活動をしています。  
Posted by kitanifarm at 16:30Comments(1)TrackBack(0)

2005年02月14日

お祝

 米原市の誕生、おめでとうございます。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月11日

米原市長選

 なにやら複雑な気持ちです。
 合併協議会事務局長の平尾道雄氏が出馬表明されたと報道されました。今日の中日新聞第1面です。
 三山氏に対抗して出馬されたと思い、「やっと出ていただいた」と喜んだのもつかの間、三山氏は閉庁式で出馬取りやめの意向を示し「若い人に託したい」とおっしゃったとか。これは後継者として三山氏が平尾氏を推薦したように見えます。平尾氏は編入合併を事務方として強行に主張されていたはずです。こうなると同じ穴のムジナに見えるのは私だけでしょうか。
 いかに実質対等、形式編入を実現いただけるのか、4町に対し公平な姿勢が取れるのかをきっちりご説明いただきたいものです。
 「やっと出ていただいた」と喜んだ気持ちを大切に、平尾氏の出馬を歓迎したいし、そうできるよう三山氏との違いを明確にできないでしょうか。  
Posted by kitanifarm at 20:45Comments(1)TrackBack(0)

2005年02月10日

米原市の市長選挙

 山東、伊吹、米原の3町が合併して来月発足する米原市の市長選(2月27日告示、3月6日投票)に関心が高まっています。
 立候補予定者説明会には三山元暎・山東町長(64)の陣営と、候補者未定の3陣営の計4陣営が出席したとのことですが、まだ三山氏以外、出馬の声は聞こえてきません。
 近江町の住民にとってみれば、候補者の姿勢が気になるところです。口先では対等といいながら、合併に関するいろいろな場面で近江町をないがしろにする言動はなかったか、編入合併で近江町民の権利を奪うという愚を犯していなかったか、新市の職員人事などは各町に対し公平であったかなど振り返らねばなりません。
 市長選挙に近江町民は参加できませんが、選挙結果は今後の4年間を左右します。
 私達は、編入合併後の米原市の将来を公平に考えていただける候補を見極めなければなりません。重大な関心をもって見極めなければなりません。
 そして私達は、3町の有権者に訴えていかねばなりません。  
Posted by kitanifarm at 08:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月16日

新市まちづくり計画住民説明会(2回目)

073b75b0.JPG 16日は10日に引き続き、近江町中央公民館にて米原市・近江町任意合併協議会主催の住民説明会が開催されました。
 住民からは、ダイナミックなまちづくりを提案する意見があったりで、勇気付けられました。また、環境と開発のバランスを求める意見にはもっともだと思います。
 さらに少数意見を大切にしてほしいという意見には、今回のような住民との対話の場がやはり必要と感じました。当局者からは参加者数が少ないことを嘆く声があがっていましたが、これは参加者数だけでは判断できないでしょう。  
Posted by kitanifarm at 21:23Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月14日

第5回 米原市・近江町任意合併協議会

22c88c26.JPG 第5回米原市(山東町・伊吹町・米原町)・近江町任意合併協議会が13日近江町中央公民館で開催されました。
 写真は農業委員の定数について発言されている住民代表の小川守さん。  続きを読む
Posted by kitanifarm at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月10日

新市まちづくり計画住民説明会

331e6fd7.JPG 10日、地域福祉センターやすらぎハウスにて米原市・近江町任意合併協議会主催の住民説明会が開催されました。
 写真は今日までの経過を説明する山口町長。  続きを読む
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月24日

合併協議会

397d95d8.JPG
24日は第4回米原市近江町任意合併協議会でした。
 合併の方式は編入と確認されましたが、議案の文言は「対等協議基本とする・・・」から「対等協議による・・・」と修正するなど、近江町の要求を反映した内容でした。
  続きを読む
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月21日

12月議会最終日

 明日は最終日です。請願審査の討論で登壇する予定です。

 最終日には一般質問の原稿を提出し、本会議終了後、議会広報特別委員会で第1回校正をおこないます。

 私の原稿は次のとおり。

 
  続きを読む
Posted by kitanifarm at 20:43Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月20日

合併特別委員会

 20日、合併特別委員会が開催されました。
 議論は合併の方式について。
 新設対等か編入吸収かで各議員が主張、私はこれまでどおり新設対等にすべきとして、さらにパワーアップして主張しました。
  
Posted by kitanifarm at 19:55Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月19日

市町合併住民説明会

397d95d8.JPG
 19日、住民説明会が宇賀野会館で開催されました。
 参加者は約50人、「新設対等合併でなければならない」との意見や、「編入吸収でさっさと合併してしまえ、そして特例債の近江町枠を確保しろ」などという意見が出ました。
 最後に町長が「社会の対立や利害を調整して社会全体を統合すると共に、社会の意思決定を行いこれを実現することが政治である。私はぎりぎりまで考えて決断します」とまとめられました。
 ところで、長浜市議の姿を目にしました。昨日の説明会にも来られていたとのこと、何が目的なのでしょう。
  
Posted by kitanifarm at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月18日

あくまで新設合併で

 昨日の一般質問は、今日18日の中日新聞滋賀版(16面)で、5段を使った記事として掲載されています(表題は3段抜き)。答弁や論議の概要を、細川暁子記者の目で報道いただいています。ご参照ください。
 「合併しない派」の一般質問での主張は、編入で行けとか、対等でなければ住民は納得しないとか、どっちが言いたいのかわかりませんでした。編入でいけば町長にとどめを刺せる、対等を主張すれば米原市側3町から見放されると読んでいるからでしょうか。

 以下、私の質問で主張した内容です。
  続きを読む
Posted by kitanifarm at 08:00Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月10日

12月議会で合併破綻か?

 今日から12月議会が始まりました。

 昨日の合併協議会では会長から編入(吸収)合併を提案され混迷の度を増しています。編入(吸収)で迎えると言うことは、近江町に来るなというメッセージになっていることに気がつかないのでしょうか。

 合併反対派が編入(吸収)合併側につき始めたということは、編入(吸収)なら破綻させられると読んでいるからでしょう。彼らは編入(吸収)を住民に問えと言い始めました。

 近江町議会は、米原市との合併論議で大揺れです。
  
Posted by kitanifarm at 18:51Comments(2)TrackBack(0)

2004年12月07日

合併の危機

 町長や議長は伊吹町、山東町、米原町と新設(対等)合併に向けた調整を重ねていただいているようです。しかし3町の編入(吸収)合併の声はとどまるところを知らず、ますます大きくなるといいます。そこで町長は「近江町民のためには合併を必達しなければ...」と議員や町民に理解を求めようとしています。
 しかし、大義が無い。新設(対等)でなければ町民に説明できなくなります。あっという間に町長は引きずり降ろされるでしょう。町長が住民のためと言い、3町に迎合しようとすればするほど合併は遠のくのではないでしょうか。
 私達の政策グループは鳩首協議していますが結論には及びません。  
Posted by kitanifarm at 14:22Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月04日

近江町の選択肢「対等合併/合併できない」の二つ

 3日の議員全員協議会では市町合併について協議しました。
 合併の基本4項目(々臺擦諒式 合併の期日 新市の名称 た兄圓了務所の位置)について、近江町議会の意見調整が主なテーマで、々臺擦諒式に議論が集中しました。


 まず、合併反対派から意見が上がり、「編入合併以外無理だ。今ごろ何を言っている。」と主張されました。合併反対派が編入合併を主張するということは、これが米原市と近江町の合併破綻につながると読んでいるからでしょう。それが証拠に、今まで住民投票とかアンケートを主張して「民意を聞け」と強く主張されていましたが、今回全くこの言葉は聞かれませんでした。


 次に坂田郡を割らない派から「合併までに時間が無い。編入で3町にお願いしないと合併できない」と主張されました。この派には「坂田を割らない気持ちだけで周りのことはわからない」と自ら何も考えていないと告白する議員や一言も発言しない議員もいて、自論を主張できるのはたった一人だけかと思ったのは私だけでしょうか。


 私達の政策グループは「多くの住民の意向は新設合併だ。編入合併で<町民を売るのか>との声もある。」「長浜市を含む枠組みとの決別の原因の一つは、編入・吸収を長浜市がしつこく主張したことにある。なぜ新米原市との合併なら編入・吸収で良いということになるのか。また編入・吸収だから長浜市を含む枠組みと決別すべきと先陣切ったのは<坂田郡を割らない派>ではなかったのか。」「ここで本町議会が編入・吸収合併を選択したなら町長不信任2度目ということになり、町長のとるべき道は辞職しかない。町長に辞職されたら、それこそ新米原市との合併も時間がなくなる。」として、現状に理解を求めました。
 私達の政策グループは、住民のためになる合併の成就に向け会派を越えた活動を展開しています。メンバーの発言は日常の政務調査研究の成果により、論理的、具体的でかつ説得力あるものでした。


 激論となりましたが、米原市との合併を町民にご理解いただくために、合併の方式は「新設・対等」以外ないことを最後に確認して議員全員協議会が終了しました。


 米原市が「新設・対等」を嫌えば合併できなくなるし、近江町議会が「編入・吸収」になびけば町長不信任=辞職=合併破綻となる。すなわち近江町は「新設・対等」で合併するか、合併できないか二つの選択肢しかないのではないでしょうか。

  
Posted by kitanifarm at 08:00Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月03日

編入・吸収合併を選択できるか

 今の段階で編入・吸収合併の選択は無いと考えるがいかがだろう。
 編入・吸収にこだわっておられる議員や先輩政治家は「時間が無いからしかたがない」とおっしゃる。新米原市側に立てばそうだろう。
 しかし、この選択をしたとき近江町では住民になんと説明するのだろう。町長は新設・対等合併に向け頑張ってこられた。ここで本町議会が編入・吸収合併を選択したなら町長不信任2度目ということになる。住民説明会にどの面下げていけばいいのか。そう考えると、ここで町長のとるべき道は辞職しかない。
 町長に辞職されたら、それこそ新米原市との合併も時間がなくなる。
 この瞬間、編入・吸収合併を選択をしようとする方は、町長不信任→辞職→合併破綻を選択しようとしているように思えるがいかがだろう。
 今日は議員全員協議会、私は以上のように主張するつもりだ。  
Posted by kitanifarm at 06:34Comments(0)TrackBack(0)

2004年11月30日

近江町民を売る輩

 この時期、編入・吸収合併を目指す発言をするものが近江町にいるとするなら、これは「近江町民を売る輩」として糾弾されなければならないのではないでしょうか。

  
Posted by kitanifarm at 12:36Comments(0)TrackBack(0)

2004年11月27日

近江町は米原市に入れないのでは?

 25日、任意合併協議会が開催されました。その中で、山東町議会の全員が「編入合併以外許さん」とおっしゃったとか。
 ということは、やはり、近江町は合併に参加できないのではないでしょうか。残念なことです。

  9月議会で、近江町議会が、1市8町合併協議会設置議案を否決した決定的理由は、長浜市議会と市長への不信からです。もし仮に、合併協議会を設置した場合においても、この2者が、必ず混乱させるであろうと予測したのです。これは、みんなが期限内に合併できなくなるということです。私たちは、こんなリスクを負うことはできないとして、長浜との決別を決心しました。
 その後の市長や助役の行動、一部議員の行動はこれを裏付けていると思えますし、湖北町においては町長が辞職されたという事実もあります。こういったことから、この選択は誤りではなかったと思います。
 次に、この不信の最大の原因は、長浜が吸収合併を主張したということですから、この吸収合併の言葉も大きな意味を持ちます。
 坂田3町が合併してできる新米原市と近江町は、対等合併でなければ、この枠組みも存在しないのではないでしょうか。吸収合併になってしまえば、先の大騒ぎの大義もなくなり、近江町は単独でいくしかなくなるのではないでしょうか。

 「長浜は編入合併を主張しているから、絶対容認できない」と、先陣を切って1市8町からの決別を主張されていた近江町議会の先生方、この方たちは、なおさら坂田3町との合併が編入・吸収で良いとは言えないのではないでしょうか。

 先日の住民説明会で、町長に強い調子で迫られた方とお話しました。
 あの場で「坂田3町に頭を下げて行け」とおっしゃいましたが、あなたは吸収合併を望んでいるんですかと伺ったら、「そんなことは無い」とのこと。
 合併論議は外交と同じです。よく考えないとあなたの声が他町へのメッセージになってしまいます。「町長に言うたった」とあなたは満足でしょうが、他町との会合で近江町の委員や町長が新設・対等合併の論議をしようとしたとき「住民説明会で近江町民が頭を下げていけといったではないか」と反論されます。あなたの意思と違うことをあなたの口はしゃべたんですか。
 その方の顔色が青ざめたのは言うまでもありません。

 また、ある方は「そこまで編入・吸収を主張するなら長浜との1市1町でええんや」とおっしゃる。この方は各町の議会関係者や米原の村西町長もよくご存知の4町合併推進派ですが、こんな声も台頭してきました。

 編入・吸収合併となったら、これらの方々の矛先はどこに向かうか、よく考えたいものです。

  
Posted by kitanifarm at 10:16Comments(2)TrackBack(0)

2004年11月11日

議員全員協議会

 11日、議員全員協議会が招集され、合併推進室長から第1回任意合併協議会の報告がありました。合併推進室長は、行政経験年数に一目置かれている本町最古参職員です。
 ポイントや決まったこと、情報など、ベテラン職員でもなかなか整理が難しい内容のようで、資料は時系列的に並べるだけ、その他は口頭説明が精一杯にのようです。
 本町からは管理職、課長補佐各1名、それに職員2名の計4名が任意協議会に派遣され、最重点課題としての体制で取り組んでいます。
 関係する職員は、ぜひ自分達が理解し、そして、わかり易く説明していく知恵を発揮していただきたい。(民間企業の経営会議などで、本町のような説明をしようものなら「整理不十分」として、退席させられてもおかしくないとおもいますがねぇ)
 行政が勝手に進めているというふうに町民に誤解させるのも、このへんなんでしょう。そして、自分達の無能を町長に転化することのない真摯な取り組みをお願いするものです。

  続きを読む
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月25日

議員全員協議会

 今日の協議会では、市町合併に関する経過と今後の予定について説明がありました。
 市町合併については坂田郡4町での合併に向けて明日26日に第1回任意協議会が開催され、以降、原則月2回のペースで開催されるとのこと。もちろん明日の協議会で決まればということです。この他、関係3町とこれまでにあった協議などの報告があったのは言うまでもありません。
 そして議長は、新設(対等)合併に向け努力すると、あらためて表明されました。


 次に、国保診療所の統合についての説明です。
 近江町には2つの国保診療所がありますが、従前より医師確保に苦労してきました。そして最近、2つの民間医療機関の本町新規進出がわかりました。そこで、医療機関が多い地域の国保診療所を廃止し、もう一方に統合することで、住民サービスを向上するというものです。

  続きを読む
Posted by kitanifarm at 20:10Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月19日

縮み志向の日本人

 韓国人李御寧(イ・オリョン이어령)の書いた「縮み志向の日本人(축소지향의 일본인)」という1冊、当時海外赴任者に、自分たち日本人を知れという意味で紹介されたと思う。
 李御寧は、盆栽であったり、一寸法師であったり、こじんまりと小さなところに収まろうとするところが日本的だ、縮み志向だと指摘していたと記憶する。私自身を振り返ってみてもその通りだと納得するところが、かなり多い。
 しかしである、近江町の合併までこうなるとは思わなかった。各地の合併も同様に縮み志向のようだ。李御寧は、僕らを見透かしていた。しかし、屈折した日本人意識と批判の声もある彼女の例証どおりになることもなかろうにと思う。
 ルース・ベネディクトの「菊と刀」も、日本人を知るために、いや、外国人が見た日本人を知るために重要な著作である。彼女によると「恥の文化」がいろんな局面での判断を左右しているそうだ。市町合併の判断もそう読み解くと面白いと思う。これも蔵書をほじくりだして読み返してみたい1冊である。

  
Posted by kitanifarm at 10:44Comments(1)TrackBack(0)

2004年10月16日

市町合併

 16日と17日は、世継区の秋季イベントです。今日は、準備に大勢の役員さんをお願いしました。
 皆さん、手が空くと口々に、「近江町の合併はどうなるのか」と質問されます。そのたびに、11日に開催された、住民説明報告会の内容を説明することになります。そして、長浜市長や助役、議長、そして議会に話がおよびます。長浜を含む広域合併に、町民の未来を託そうと活動してきた私にとって大変つらいことです。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月12日

バカの壁

 「話せばわかる」なんて大ウソ! イタズラ小僧と父親、イスラム原理主義者と米国、若者と老人。互いに話が通じないのは、そこに「バカの壁」が立ちはだかっているからである。いつの間にか私たちを囲む様々な「壁」。それを知ることで世界の見方が分かってくる。
 これは、楽天ブックスにある出版社のコメントです。この本は、解剖学者養老孟司先生のヒット作。私にとっては得るところが多く、皆さんにもお勧めします。

  続きを読む
Posted by kitanifarm at 08:06Comments(2)TrackBack(0)

市町合併住民報告説明会

9417843e.JPG

 近江町議会9月定例会結果を受け、当局は方針転換をしました。そして昨日は、その方針についての説明会を実施しました。
 方針は「坂田4町」または「新米原市」との新設(対等)合併に向け努力するというものです。
 参加者は昼の部で約200名、夜の部で約100名、昼の部閉会後は新聞記者が、町議会議長にまとわりついていました。

  続きを読む
Posted by kitanifarm at 07:48Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月09日

区長会で市町合併の現況を説明

cdcb8aca.JPG 8日、区長会が開催されました。テーマは市町合併の現況説明で、今回は、副区長にも案内されました。先月9日の区長会では、その内容が市町合併の行方に大きな影響を与えたことから、関心も高く、ほとんどの区長、副区長が出席されました。
 長浜との合併を求める区長からは、残念との声もあがりましたが、多数の意見は、坂田3町との合併を早く進めるようにというものでした。
 そして、ここでも、新設合併が前提であることが確認されました 。  
Posted by kitanifarm at 08:17Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月07日

議員全員協議会

 6日、議員全員協議会が召集された。町長や議長の市町合併状況報告を聞き、意見交換した。
 ここで確認した多数の意見は、近江町が坂田3町と合併する場合、新設合併が前提であるというものだ。
 少し違う言い方として、「新設合併できる訳がない。だから合併せずにいこう。編入合併は職員を不幸にする。職員あっての町民だ」というものがあった。
 これも、新設合併への賛意だとすると、全員が新設合併が前提であることを確認したことになる。

  続きを読む
Posted by kitanifarm at 08:55Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月02日

1市8町合併破綻後の行方

 近江町は坂田3町とも合併できないのではないでしょうか。大変心配なことです。私は、心の矛盾整理に手間取っています。
 これは、住民にとって誠に不幸なことですが、私たち議員や首長が、論理を通そうとするとこうなると思います。この不幸を喜ぶ一部の議員もいます。遺憾です。  続きを読む
Posted by kitanifarm at 21:08Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月28日

合併特別委員会の写真

8cc831d0.JPG 22日に開催された合併特別委員会の広報用写真を入手しました。
 左に立ってお話をされているのが町長。ほぼ中央に写っている青シャツ、青ネクタイで少し首を傾けているのが私です。
 後ろは傍聴においでになった70名もの皆さんです。本町以外の方も多かったようです。  
Posted by kitanifarm at 19:21Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月25日

各党の反響

 私の機関紙「プログレス通信」は、総務大臣政務官 衆議院議員小西理先生に評価いただいていますが、先生のお目に留まるきっかけとなたのがNo.6です。
 これは、各党の先生方のお目にも留まるようで、8月には共産党、そして9月になってから社民党からも取り上げていただきました。
 社民党近江町班(2004年9月15日)
 共産党近江町民報(2004年8月号)  続きを読む
Posted by kitanifarm at 09:04Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月22日

合併特別委員会

 1市8町合併協議会設立議案を否決しました。12名のうち退席1名、賛成1名、反対10名でした。
 私も反対しました。主張は次の通りです。
------------------------------
 1市8町合併への理念、大義を支持してきたものの、長浜市議会の状況を見たとき、破綻のリスクは大きいのではないか。破綻すれば、本町は合併できなくなる。これは絶対避けなければならない。
 リスクの少ない確実な枠組みがあるとすれば、次善の策として選択すべく時がきたのではないか。そして、これを長浜や彦根を含んだより大きな合併に向かう1歩とすべきだ。  
Posted by kitanifarm at 21:19Comments(0)TrackBack(0)

合併特別委員会

 今日は非常に難しい判断をすることになります。  
Posted by kitanifarm at 08:28Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月20日

市町合併

 22日の合併特別委員会をターゲットに論理の確認が必要です。大勢の方から、しかも町外の方からのアプローチも目立ってきました。次代を左右する渦中にいるということでしょう。いい加減な判断はできません。あくまで町民の将来がかかっているということを基本に考えなければなりません。「みんなが言うとる」では納得できません。  続きを読む
Posted by kitanifarm at 01:21Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月16日

市町合併の行方

 本町の混迷度はさらに増してきています。4町派が勢いづいています。長浜市議会が編入(吸収)に固執しているのが原因です。
 しかし、今まで「編入(吸収)は許さん」と1市8町合併に反対してきた人たちに問いたい。坂田3町では新設(対等)合併で合意されているのでしょうか。
 「もたもたしてるからだ」と批判の声はあります。でも、素直な疑問ではないでしょうか。  続きを読む
Posted by kitanifarm at 06:51Comments(2)TrackBack(0)