2006年12月03日

千代さま記念イベント

そろそろ、NHK大河ドラマ「功名が辻」放送完結。
米原市飯では、地区の若宮公園広場でファイナルイベントが開催されています。
午後は、腕相撲大会、大声コンテストに引き続き、長浜ギターマンドリンアンサンブルによる演奏会も企画されています。

また、熱々のおでんや豚汁などたくさんの食べ物や飲み物、千代さまグッズ、地場野菜などの販売もあります。
15時までです。
まだの方はお早めにのぞいてみてください。

いむらを創る会日比さん実行委員長日比さんの開会挨拶

平尾市長平尾道雄米原市長の来賓挨拶

赤堀義次県議会議長赤堀義次県議会議長

藤井勇治代議士秘書野村さん藤井勇治代議士秘書野村さん

山下英利参議秘書宮崎さん山下英利参議院議員秘書宮崎さん

有村治子参議秘書村田小百合さん有村治子参議院議員秘書村田さん

飯区長西村和弘氏飯区長西村さんによるご挨拶
  
Posted by kitanifarm at 12:07Comments(2)TrackBack(0)

2006年09月18日

今朝の中日新聞

a90b2889.jpg右端が滝本議長、左端が私です。  
Posted by kitanifarm at 10:01Comments(2)TrackBack(0)

2006年09月17日

時代行列

NHK大河ドラマ「功名が辻」にちなんだ一豊・千代歴史絵巻イベントが近江公民館で開かれています。
そして17日は、市民が一豊や千代などに扮し、時代行列が行なわれました。
議長と私午後の部は、滝本議長が一豊役。
私は千代の密書を届けた忠臣「田中孫作」役です。

馬上の私少し興奮気味の馬でしたが、馬上からの眺めは最高でした。
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月03日

巡回バス

1ad761c9.jpg北近江一豊・千代博覧会の巡回バスが走っています。
母の郷文化センターのバス停で写真を撮りました。

土日と祭日のみ運行しています。
1日使える乗り放題チケットは200円、9時から16時まで30分間隔で運行しています。皆さんご利用ください。  
Posted by kitanifarm at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月21日

出来事

山東庁舎にて議員全員協議会、会派会合で代表質問の打ち合わせ、一般質問の調査
伊吹庁舎にて功名が辻実行委員会の打ち合わせ、農業水利の予算措置について確認
近江公民館にて功名が辻実行委員会  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月01日

これって何だ

ここをクリックしてください。
1月31日現在、米原市は未だに準備中になっています。

12月議会の一般質問前に、質問の意味を説明する中で、このページのコピーを渡して、対応をお願いしたはずです。

「穏便に」という、答弁者の意向を汲んで穏やかに質したのですが、....。  
Posted by kitanifarm at 00:01Comments(5)TrackBack(0)

2006年01月20日

母の郷文化センター

遅れていたNHK大河ドラマ「功名が辻」に関係するパネル展示。
母の郷文化センターにて、進捗確認してきました。

展示室商工観光課の校正も済んで、展示されたパネルです。
姿がようやく見えてきました。

物産交流館担当者を探しに行った物産交流館では地元の生産者の方につかまってしまいました。
そして、販売所の拡張と生産者の高齢化対策について宿題をいただきました。

パッチワーククラブの皆さん伝統工芸館和室ではパッチワーククラブの皆さんが「一豊の妻千代」にちなんだ「小袖」や「のぼり」の製作に精を出しておられました。
完成すれば展示室に飾られます。  
Posted by kitanifarm at 17:45Comments(3)TrackBack(0)

2006年01月12日

走り回った1日

12日、議会広報の出稿をしました。
今までにお付き合いのなかった印刷会社が落札したため、議会事務局書記さんとの打ち合わせに同席させてもらいました。
まあ、第一印象は良かったと感じています。
これからはQCDでの評価になります。

PDFでゲラの提出をお願いし快諾いだきましたので、次回の委員会ではプロジェクターで投影して全員で校正しようと考えています。

さてこの打ち合わせの間、何人かの支持者の方から携帯に電話が入りました。
「功名が辻実行委員会」関連です。
トイレの問題、パネル展示の問題、職員への対応の問題で、午後は走り回っていました。
パネル展示の状況は危機的、私はキレそうです。

また世継地区で進められている地籍調査に関連して、町道の拡幅や里道の付け替えなど、にわかに関心が高まってきました。この可能性について土木部を訪問して議論してきました。

今日は山東庁舎、伊吹庁舎、近江庁舎、NPOいきいきおうみ事務局、母の郷文化センター、そして支持者のお宅など走り回っていたのです。

そうそう、伊吹庁舎からの帰りには年初の民家火災跡の写真取材、そして議会広報の挿入写真で未準備のもの(ボランティアセンター三島荘)についての撮影もしてきました。  
Posted by kitanifarm at 23:41Comments(3)TrackBack(0)

2006年01月10日

「功名が辻」実行委員会

10日、「功名が辻」実行委員会が開催されました。
協議事項は駐車場整理に関する事項でした。

事務局の商工観光課のスタンスは非常に前向きと感じています。
特に課長の委員会を引っ張る発言に敬意を表したいと思います。

とはいえ課題山積、私も直接市長にお願いに行かねばと思っています。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月08日

NHK大河ドラマ「功名が辻」放映開始

今日からNHK大河ドラマ「功名が辻」の放映が始まりましたので、米原市内の関連施設を覗いてきました。

もちつくり坂田駅前の母の郷コミュニティセンターの様子です。
お客様にふるまう「ぜんざい」のお餅をボランティアの皆さんが用意されています。

販売所千代の生誕地「飯」地区のみやげ物販売所です。
この他、坂田駅前にも2棟の販売所が用意されています。

飯地区での展示室「飯」地区の展示室です。
広くはありませんが写真や古文書など展示されています。


湖岸にある母の郷文化センターの展示室の様子です。

空の展示室11月10日の実行委員会では
「放映開始にあわせ常設企画展を開催予定」
とイメージ図まで添え報告されていました。
また、物品販売所も併設予定でした。
しかし、まだこんな状況です。

12月議会の一般質問で質しましたが....。
責任の所在は?
関係者の言い分をお聞かせいただきたいと思います。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(4)TrackBack(0)

2005年12月28日

愛馬に乗った一豊公と千代夫人の像

1449528b.JPGさてこの像、JR坂田駅前に設置されています。
NHK大河ドラマ「功名が辻」の地元での顔になってきているようです。
滋賀ロケーションオフィスのホームページではタイトルバックになっています。

内藤香林氏の作品ですが、設置にあたり大変ご尽力いただいた職員がおられます。
一部の町職員や議員から「何をしてるんだ」との非難が巻き起こる中、寄付金を集め、不足分はご自身が負担して設立にこぎつけたと聞いています。
こんな職員さん、もういないんでしょうね。

リストラの嵐、米原市にも押し寄せているようです。
一生懸命頑張っている職員から離れていくのでしょうか。残念なことです。  
Posted by kitanifarm at 01:48Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月27日

NHK大河ドラマ「功名が辻」試写会

2e0b3c94.JPG 26日、長浜の曳山博物館伝承スタジオに、長浜、虎姫、米原の実行委員会員が招待され、「功名が辻」第1回放送分の試写会が行われました。
 飯村に生まれた千代、父若宮喜助と母を戦で亡くします。喜助は戦が始まるというので箕浦砦に向かい討死します。そして飯村の屋敷が焼き討ちされる様子は、まさに飯村が隣村ですから、特別の思い入れで観ていました。
 写真は試写の後、ご挨拶されているNHK大津支局長です。

 試写会の後、妻と長浜市内を散策しました。そして長浜ラーメンを二人で・・・。  
Posted by kitanifarm at 09:43Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月11日

「功名が辻」実行委員会

 11日、功名が辻実行委員会が開催され、受入体制について協議しました。
 内容はだんだん具体的になってきたものの、まだまだ課題は残ります。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(2)TrackBack(0)

2005年12月03日

餅まき

ec74a73f.jpg11月27日に開催された大河ドラマ「功名が辻」関連イベントのひとコマです。
千代の生家「若宮家屋敷跡」での、若宮家顕彰碑の除幕式に引き続いておこなわれた餅まきです。
餅をまいているのは、左から赤堀義次滋賀県議会副議長、平尾道雄米原市長、山下英利参議院議員、そして私北村喜代隆です。

藤井勇治代議士藤井勇治代議士です。

写真データは藤井勇治代議士秘書の山口さんに提供いただきました。  
Posted by kitanifarm at 11:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月27日

来賓席

来賓席来賓席の様子です。
藤井勇治代議士の秘書、山口さんが撮ってくれました。  
Posted by kitanifarm at 21:48Comments(0)TrackBack(0)

NHK大河ドラマ「功名が辻」イベント

c6338f87.jpg 山内一豊の妻『千代』の出身は米原市飯です。
 今日は、整備された千代の生家「若宮家屋敷跡」で、顕彰碑の除幕式や餅まきなどが盛大に執り行われました。

 平尾道雄米原市長、赤堀義次県議会副議長、藤井勇治衆議院議員、山下英利参議院議員が来賓ご挨拶され、宮腰健長浜市長、山内健次虎姫町長、滝本善之米原市議会議長からお寄せいただいたメッセージが紹介されました。
 この他、来賓として近江町商工会から粕渕加寿雄氏、北村文彦氏、米原市議会議員は音居友三氏と北村喜代信氏、そして私、北村喜代隆がご招待いただきました。

 地域の皆さんにより、おみやげとして千代紙細工やきんちゃく袋、そして地場の野菜など即売されていたり、模擬店からはいい匂いが漂い、大勢がお楽しみでした。

 自分たちで企画し工夫された地域イベントですが、NHK大河ドラマ「功名が辻」ゆかりの史跡を訪ねてこられる皆さんをお迎えする準備として、着々と進展しています。  
Posted by kitanifarm at 17:26Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月22日

米原市大河ドラマ『功名が辻』実行委員会

米原市近江公民館にて実行委員会が開催されました。

「観光客は想像もできないくらい大勢おこしになるでしょう。
 ごみ問題、駐車場、トイレは大変なことになります。
 ボランティアガイドさんも必要です。
 でも、市にはお金がありません。
 実行委員の皆さんどうします?」
と問いかけられたらどうでしょう。

「ごめんなさい、もうしません」との返事を市当局が期待していたのでしょうか。

近江町時代の失策で予算不足でも、この問題は向かってきているのです。
市当局がてこ入れしなければNHK大河ドラマを通じて準備不足の米原市を全国に宣伝することになります。
商工観光課の狙いはここにあるんですか?
旧近江町が、そして、実行委員会が悪いからと言い通しつづけるのですか?
そうではないでしょう。

米原市のホームページを検索しても「功名が辻」ではヒットしません。
参加された方から「市の姿勢は何処にあるのだ」と非難する声があがっていました。

時間が無い中、飯をはじめ宇賀野、高溝の各自治会では何とかしようと動いています。冷水を浴びせるようではいけません。  続きを読む
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(2)TrackBack(0)

2005年11月18日

山内一豊の妻「千代」の生家

8561b5d6.JPGNHK大河ドラマ「功名が辻」は山内一豊の妻「千代」の物語です。
この千代の生家跡が米原市飯にあります。
写真はこのほど整備された屋敷跡で、11月27日(日)に式典が挙行されます。

千代は近江浅井家の家臣若宮喜助友興の娘として生まれたそうです。
この地、米原市飯には、若宮家の遺領を管理する若宮家外記(げき)仲間という共同組織が若宮家代々の法要を営んできましたが、大河ドラマの放映が決まったことから、地域が盛り上がっています。
訪れる方々を気持ちよく迎えようと「『千代』のふる里“いむら”を創る会」が発足、外記(げき)仲間や近江商工会と共に、若宮家屋敷跡へ顕彰碑を移設したり、公園造成などして整備されたのです。
  
Posted by kitanifarm at 12:46Comments(1)TrackBack(0)

2005年11月11日

大河ドラマ「功名が辻」ゆかりの地

米原市近江地区(旧近江町)には山内一豊の妻千代ゆかりの地があります。

○山内一豊の母、法秀尼が生涯を過ごした「長野家」
○その墓所「法秀院の墓」
○千代の生家「若宮家跡」
○千代の忠臣「田中孫作定重生誕地」
○その他

近江母の郷文化センターでの常設パネル展を計画されていますし、
ボランティアガイドなどによる史跡案内も計画されるでしょう。  
Posted by kitanifarm at 10:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月10日

米原市大河ドラマ「功名が辻」実行委員会

10日、長らく途絶えていた 大河ドラマ「功名が辻」実行委員会が召集されました。
市町合併に伴う規約改定を承認し、米原市商工観光課から経過説明を受けました。

11日は新聞社など報道関係27社が滋賀県を訪問、プレスツアーがあるとか。

そして、集客は1日千人から一万人規模になる見込みだそうです。
また、トイレ、ごみ、交通整理、駐車場、ボランティアガイド、観光バス対策など
多くの課題指摘を私たち実行委員に向けられ大慌てしました。

今までの経験から商工観光課長が指摘されたわけですが、規模を聞いてびっくり。
「えらいこっちゃ」と思ったのは私一人ではないはず。
この想定規模、近江町時代に総務常任委員会で指摘してきたはず。
商工会も観光協会も同様でしょう。

そして今、「実行委員会、どうしてくれる」ではたまりません。
先進地視察してきた当時の職員たちが気付かなかったのでしょうか。
職員のモチベーションが低下していたとしか思えません。

いずれにしても、もう時間はありません。
千代の生誕地や法秀尼が身を寄せた長野家と法秀院墓所を訪れる方々にご満足いただけるよう
課題解決に向け立ち上がらねばなりません。
次回は22日の合同部会、加速して進めることになります。  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)