2017年05月14日

精米後の処理

お米の収納庫内は、予約分と自家消費分だけとなりました。

自家消費分は、精米後、写真のように一回の炊飯量を小袋に分けてから床下収納庫に入れています。

このようにすることで、消費量が把握できますし、次の精米日が予測できます。

精米後の処理

我が家の炊飯は一回六合と決めていますので、一袋900gです。

Posted by kitanifarm at 23:56│Comments(0)TrackBack(0)その他 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kitanifarm/52244378