2010年11月26日

ウイルス感染

世代をつなぐ農村まるごと保全対策の中間検査があるということで
報告書類などが入ったUSBメモリが届きました。

ところがファイルをコピーしようとPCに接続した瞬間、警告画面が出ました。
ウイルスに感染しているからアクセスできないというのです。

すぐにウイルス対策ソフトを立ち上げ、USBメモリ内をスキャンしました。
すると下の写真のように、8個のファイルが感染していました。

ウイルスに感染したUSBメモリ

USBメモリは2個届いたのですが、もう一個は6個のファイルが感染していました。

「ウイルス対策ソフトは入っていますか」
こう訪ねると「入っています」との答が返ってきます。
確認してみると、PC購入時のままで期限切れ、更新されていないものだったりします。

きっと、こんなPCをいくつか経由して、このUSBメモリにウイルスが入ったり、ばら撒いたりしているのでしょう。

皆さん、気をつけてください。
私はソースネクストのウイルスセキュリティを使っています。

オンラインソフト紹介サイト「窓の杜」にもたくさん掲載されていますが、
その中でも私は、無料で使える「AVG」がお気に入りです。
ホームユースでお使いの方にお勧めします。

「たまにしか電源を入れないPC」に、私はAVGをインストールしていますが、
電源を入れたら、直ちにウイルスデータベースの更新作業から始めます。
ウイルス対策は必須ですからね。

Posted by kitanifarm at 15:43│Comments(0)TrackBack(0)パソコンなど | 農地・水・環境保全

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kitanifarm/51828416