2004年12月31日

ご挨拶

今年も、大変お世話になりありがとうございました。

 私にとって今年は大変な年でした。3月に父が永眠、葬儀の準備中に開催されていた自治会総会の投票で区長に選任され、議員と区長の二足のわらじを履くことになりました。

 二兎を負うもの一兎を得ずのことわざどおりになってはならないと頑張ってはみたものの、大勢の皆さんにご迷惑をお掛けしました。プログレス通信は6号のみの発行で、しかもこれは多くの批判にさらされました。
 参議院選挙では、近江町議会最高齢の廣田信子議員と二人で銀輪作戦を展開したものの力及ばず惜敗。また、市町合併は1市9町が破綻、最後まで、できるだけ大きな枠組みでと論陣を張るものの、これも力及ばず。さらに坂田4町での合併に方向転換後は、新設対等を、これも最後まで主張しましたが編入吸収合併方式に収束しました。むなしさを味わった年でした。

 しかし、政治とは何かを考える良い機会に恵まれたと思います。議員の政治的な稚拙さ、したたかさ、こんなことが見えてきたような気がします。

 「政治」とは「ある社会の対立や利害を調整して社会全体を統合するとともに、社会の意思決定を行い、これを実現する作用」(大辞泉−小学館)とのことです。対立や利害を調整して社会全体を統合するために重要なことは「説明責任を果たす」ということではないかと考えています。議員は、「自分の判断の正当性」を「自分の言葉」で説明しなければならないのです。

 次に、したたかに議員を演じる必要性を感じました。議会や委員会では議員としての役割を演じることが重要です。全員一致で決まることを求める向きもありますが、これでは説明責任が果たせない。ディベート(討論)しなければならないのです。ディベートの流れを傍聴で聞き取っていただく、報道してもらう、いや、流れを見せるという姿勢で議員を演じることが必要ではないでしょうか。主張の無い議員、討論しない議員であってはならないと思います。

 今年1年、北村喜代隆を見守っていただいた皆さん、大変ありがとうございました。
 いっぱい勉強した年でした。来年に活かします。そして、これからもこのブログで報告を続けてまいります。来年も、皆様のご指導を心からお願い申し上げます。

 それでは、お気持ちさわやかに、良い年をお迎えください。  
Posted by kitanifarm at 19:14Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月30日

年末夜警

55db48b0.JPG 毎年12月28日から3日間、消防団と自警団の皆さんで夜警を実施いただいています。今年も毎日午後10時から午前2時まで警備にあたっていただいています。
 写真は消防車庫でポンプの点検をしていただいている様子です。
 以下、私の挨拶です。  続きを読む
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

合併特例債

b874dcbe.gif
 12月18,19日の住民説明会で、合併特例債について誤解されている向きが多いように感じられました。そこで、1月25日発行の議会だより118号で解説記事を掲載することにしました。

 文章だけではなく、図で工夫をしています。
  続きを読む
Posted by kitanifarm at 14:07Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月29日

新聞記事

4499bebb.jpg
 12月29日、中日新聞びわこ版に新川ルミナリエが取り上げられました。

 昨日役場で管理職と打ち合わせ中、細川暁子記者が電飾の写真提供を求めてきましたので、私のホームページ写真のダウンロードを快諾しました。

 しかし、こんなに早く記事になるとは思いませんでした。良い宣伝になります。細川記者ありがとうございました。
  
Posted by kitanifarm at 09:20Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月28日

県議会では取り扱えない

 井戸町踏切の改良についての請願を赤堀県議にお願いしていましたが、昨日、電話で返事をいただきました。

 そもそも県議会で取り扱う請願はすでに予算がついていなければならない、地元の動きが弱い中で動けないなどということで、もっと地元としての要望活動をしなさいとご指導いただきました。直接湖北地方振興局へ陳情に行け、県庁へ陳情に行けとのこと。

 さて、調べてみると自民党政調会への要望事項として長年にわたりあがっており、政調会では毎年進展状況をご報告いただいています。また、近江町では、湖北地方開発振興促進協議会要望にもあげています。
 昨年の坂田郡議会議員の会合でも先輩議員が先生に要望されていました。

 しかし、なぜ進展していないのか良くわかりました。陳情に行っていないのが悪いのでした。さらに近江町はそういう活動がいままでから無いとのいこと。気付かせていただいた先生に感謝。

 
  
Posted by kitanifarm at 08:33Comments(2)TrackBack(0)

2004年12月26日

県議会にも請願を!

 井戸町踏切の改良を滋賀県議会議員の赤堀義次先生にお願いしようとお宅を訪問しました。
 残念ながらご不在でお会いできませんでしたが、県議会宛ての請願書草案にお目通しいただくようお願いしてきました。
 今後の進展が楽しみです。
  
Posted by kitanifarm at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月25日

JR井戸町踏切の改良

dfdd3e25.JPG
 写真を見てください。踏切の手前で歩道が途切れています。歩行者は車がぎりぎり対向できる程度のの踏切に入らないと向こうに渡れないのです。
 反対側も同じようになっています。
 場所は米原駅から北陸本線に入ってすぐの県道朝妻筑摩近江線と交差する井戸町踏切です。近江高等技術専門校の通学路であり、地元の人たちが米原駅を利用するための踏切でもあります。

 踏切改良についてJR西日本へ問い合わせたら、道路管理者からの協議がない状況との返事がきました。町役場の管理職によると、過去に何度か議員が一般質問で取り上げたことから、町は道路管理者である県に要望してきたそうです。
 県の動きが不十分ということでしょうか。地域住民の代表として区長や校長の連名で請願書を提出して事態を打開しようと、私は動き始めました。
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

うっそ〜

 サーバーの調子が悪いのでLivdoorのWebメーラーを利用していました。
送信はできているようなので安心していたのですが、受信メールが何もありません。おかしいと思って調べたら、なんと、メール受信しないと言う設定になっているではありませんか。最近ギガメールというサービスに乗り換えただけなんですが、これには気がつきませんでした。
 Livdoorは、いろいろあって面白い会社です。まさに成長過程なんですね。(顧客サービスも)
 LivdoorのWebメーラーにメールをお送りいただいた方、すみません。
  
Posted by kitanifarm at 13:14Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月24日

合併協議会

397d95d8.JPG
24日は第4回米原市近江町任意合併協議会でした。
 合併の方式は編入と確認されましたが、議案の文言は「対等協議基本とする・・・」から「対等協議による・・・」と修正するなど、近江町の要求を反映した内容でした。
  続きを読む
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月23日

討論

 22日は近江町議会167定例会最終日でした。

 私は「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定を求める意見書の提出に関する請願について、採択に賛成の立場で討論しました。

 

 反対した議員の論理の展開には、事実誤認が感じられました。自然廃案となった「人権擁護法案」と混同したり、パリ原則の内容がわからないと言ったり、さらには人権を同和問題だけと捉え、しかもエセ同和が全てのように発言するなど、予断と偏見に満ちた反対討論と感じたのは私だけでしょうか。議事録を精査する必要がありそうです。

 

以下、私の賛成討論原稿です。
  続きを読む
Posted by kitanifarm at 14:14Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月21日

12月議会最終日

 明日は最終日です。請願審査の討論で登壇する予定です。

 最終日には一般質問の原稿を提出し、本会議終了後、議会広報特別委員会で第1回校正をおこないます。

 私の原稿は次のとおり。

 
  続きを読む
Posted by kitanifarm at 20:43Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月20日

合併特別委員会

 20日、合併特別委員会が開催されました。
 議論は合併の方式について。
 新設対等か編入吸収かで各議員が主張、私はこれまでどおり新設対等にすべきとして、さらにパワーアップして主張しました。
  
Posted by kitanifarm at 19:55Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月19日

市町合併住民説明会

397d95d8.JPG
 19日、住民説明会が宇賀野会館で開催されました。
 参加者は約50人、「新設対等合併でなければならない」との意見や、「編入吸収でさっさと合併してしまえ、そして特例債の近江町枠を確保しろ」などという意見が出ました。
 最後に町長が「社会の対立や利害を調整して社会全体を統合すると共に、社会の意思決定を行いこれを実現することが政治である。私はぎりぎりまで考えて決断します」とまとめられました。
 ところで、長浜市議の姿を目にしました。昨日の説明会にも来られていたとのこと、何が目的なのでしょう。
  
Posted by kitanifarm at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

エアロビクス

55e7d2d4.JPG
 18日、19時30分から世継婦人会の皆さんによるエアロビクス教室が開催されました。
 運動不足の解消のため、ご婦人たちの「夜のウォーキング」は知っていましたが、ここでも活発に活動されています。おそるべしオカーチャン。
  
Posted by kitanifarm at 23:26Comments(0)TrackBack(0)

枝打ち作業

567fc7bd.JPG
 18日、警察の捜査終了後、当初予定通り役員が集合して、まず世継会館周囲の植木の枝打ちをしました。そして、その後、今後の事業計画などの審議をしました。
  
Posted by kitanifarm at 23:19Comments(0)TrackBack(0)

泥棒騒ぎ

397d95d8.JPG
18日12時頃、会議準備のため世継会館を訪れた副区長が発見、連絡をいただきました。すぐに110番して捜査を要請、そして会館へ駆けつけました。
 事務所の書庫や袖机は、子どものいたずら防止のため施錠していましたが、全て扉を壊され、使用できなくなってしまいました。
 写真は進入口となった勝手口で、被害にあったピンク電話に残された指紋を採取している息長駐在所の田村巡査部長と米原署の刑事さんです。
  
Posted by kitanifarm at 19:54Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月18日

あくまで新設合併で

 昨日の一般質問は、今日18日の中日新聞滋賀版(16面)で、5段を使った記事として掲載されています(表題は3段抜き)。答弁や論議の概要を、細川暁子記者の目で報道いただいています。ご参照ください。
 「合併しない派」の一般質問での主張は、編入で行けとか、対等でなければ住民は納得しないとか、どっちが言いたいのかわかりませんでした。編入でいけば町長にとどめを刺せる、対等を主張すれば米原市側3町から見放されると読んでいるからでしょうか。

 以下、私の質問で主張した内容です。
  続きを読む
Posted by kitanifarm at 08:00Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月17日

一般質問

 本日17日は第167回近江町議会定例会の一般質問日です。
 松波秀和(八起会)、北村富雄(共産党)、藤本傳一(八起会)、北村喜代隆(プログレス)、清水隆徳(共産党)、田中教一(八起会)の各議員がこの順番で質問します。
 「坂田を割らない派」である新風2003のお二人は合併の先行きに安心しているのでしょうか。質問がありません。
 私は4番目、10時〜11時頃に登壇することになると思います。合併について町長に質問します。どうか傍聴にお越しください。
  
Posted by kitanifarm at 07:50Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月15日

人権研修

aaa40755.JPG
 長ったらしい名前ですが「平成16年度滋賀県同和教育推進協議会湖北ブロック連絡協議会」主催の「地域学習活動研究部会研修会」が当番町である近江町でありました。会場は近江町中央公民館です。
 そして、講演は滋賀県人権センター人権啓発課の植村哲彦課長による「人権尊重のまちづくり−現状と課題−」でした。
 湖北1市12町の皆さんがそれぞれの市町での人権・同和行政の実情を評価して強みや弱みの実態を認識したり、地域学習のポイントを探るなど意義ある講演でした。
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月14日

民意を聞く、そして反映する

 先ほど熱心な支持者の方から電話をいただきました。

 坂田診療所が閉鎖になるのは困る。少なくとも2月閉鎖ではなく暖かくなる3月末まで待ってほしい、それも毎日とは言わな、い。週に2日でも開いてくれればよいとのことです。
 しかし、息長診療所には10月から医師がいません。こっちは放置できません。
 そして坂田診療所から数百メートルの位置に新しい民間診療所が開設されたところです。代替策があるから一気に診療所をシフトするわけです。
 ご連絡いただいた方は「みんなが言うとる」「ワシは代弁してる」とおっしゃる。
 民意を強調されているのでしょうが、本町の医療機関マップをみたとき、私は町の進めていることが正しいと思うのでその旨お伝えしました。ご納得いただいたと思っています。

 民意を聞く、そして反映する。大切なことですが、坂田地区は診療所閉鎖は困るし息長地区は早く医師に来てほしい。
 対立する意見ですね。さあ、あなたならどうです。
 「政治」とは「ある社会の対立や利害を調整して社会全体を統合すると共に、社会の意思決定を行いこれを実現すること」とあります。

 しかしこんなご意見をいただいたことは常任委員会委員長にお伝えました。明日の委員会で取り上げていただきたいと思います。
  
Posted by kitanifarm at 19:35Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月13日

総務常任委員会

 13日は総務常任委員会でした。
 「予算がないのは承知している。でも、予算が無いから何もできないはおかしいし、予算措置できる制度が無いから民間団体と関係ないというのもおかしい。民間活力をどのように活用するか知恵を絞って欲しい。」と要望しました。

 大河ドラマ「功名が辻」を盛り上げようと、有志で山之内一豊と妻千代の像を坂田駅前に設置しようとしていますが、勝手にやっていることだから知らないとの立場を町は取っているようです。彼らは400万円もの資金を集めるのに奔走しています。本当は町の仕事ではないのでしょうか。
 町の財政事情を知っているから頑張っていただいているのです。そしてこれは「テーマ型住民参加のまちづくり」の実践です。そこにこんな態度をとれば、みんなのために活動頂いている人たちはどのように感じるのでしょう。「モチベーションとインセンティブを考えてください」と本会議や委員会で何度となく話してきましたが、おわかりいただいていないのでしょうか。これは「モチベーション(動機)」つぶしの典型だと思います。

 また、各界の有力者の皆さんが大勢参加いただいている「長浜近江まんなか夢のまちづくり会議」についても関係ないという態度をとりはじめたように感じます。補助金を出すとか出さんとか長浜市の担当者と連絡を取り合いながら、本町職員はこれを潰しにかかっているように見えます。これだけの組織だから「地域住民のためになる何か」をしてもらえる、してもらおう、と思いを改め、積極的に参加いただきたいものです。
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

新川ルミナリエ

8933002d.JPG
 11日、まちづくり委員の皆さんが出て、8月に浚渫した新川に電飾を施してくれました。
 なんとかここまでこぎつけたというのが正直なところです。参加してくれる委員さんも人数が減少、私といえば電気配線を担当したのですが、時間が無くて先ほどやっと完成、点灯は今日になってしまいました。
 委員長は今日から入院、私は議会、庶務会計担当は超激務の町総務課長に栄転、やりたいことがいっぱいあっても準備が追いつかない状態です。
  
Posted by kitanifarm at 20:59Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月12日

会派の再編

 冗談かも知れませんが、私の会派に合流しようと思っていただいている議員さんがおられるようです。プログレスは一人会派なんですが、突然、本町議会最大会派になったらどうしよう。
 インターネットでのメッセージ発信や機関紙発行の実績をみて、興味を示していただいているだけというのが本当のところだと思います。
  
Posted by kitanifarm at 18:24Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月11日

共同井戸

 当地世継には自噴の共同井戸があります。自噴ですからこれは深井戸です。数百メートル地下から吹きあげているそうです。

 この井戸を地元ではカナボと呼んでいます。昔井戸を掘るのに鉄の棒を打ち込んだことに由来すると言われています。金棒がカナボび転じたそうです。

 世継は古くから長浜市近郊野菜の産地で、野菜農家はカナボで毎日野菜を洗い出荷や行商をします。世継の集落には、このため何ヶ所かのカナボがあり周辺の農家が共同管理しています。

 我家も古くからの野菜農家で、父亡き後母が一人で野菜作りをし、北仁(キタニ)ブランドを守っています。そして近くの共同井戸の仲間に入っています。

 この井戸は9軒の共同管理になっていて、今年は我家が当番ですから、 11日は早朝よりポンプで水をかい出し掃除の準備。そして、洗い場に溜まった土をみんなで畑に戻しました。

 農家は高齢化が進み私が最年少、ひとり洗い場の底に入り、スコップで土をあげました。頭の高さほどにスコップを運ぶ作業は結構きつく、腰にきました。
  
Posted by kitanifarm at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月10日

12月議会で合併破綻か?

 今日から12月議会が始まりました。

 昨日の合併協議会では会長から編入(吸収)合併を提案され混迷の度を増しています。編入(吸収)で迎えると言うことは、近江町に来るなというメッセージになっていることに気がつかないのでしょうか。

 合併反対派が編入(吸収)合併側につき始めたということは、編入(吸収)なら破綻させられると読んでいるからでしょう。彼らは編入(吸収)を住民に問えと言い始めました。

 近江町議会は、米原市との合併論議で大揺れです。
  
Posted by kitanifarm at 18:51Comments(2)TrackBack(0)

2004年12月09日

京大病院

 今日で最終処置と思っていたのに残念。次回2月3日に持ち越しです。  
Posted by kitanifarm at 18:59Comments(2)TrackBack(0)

自宅サーバーの危機

 7日の22時頃に受信したメールを最後に独自ドメインでのメール受信ができなくなっていました。これは、香港にあるDDNSが閉鎖されることによるものらしいのです。
 今のところなすすべなし。新しいDDNSを探さなければならないし、自宅サーバーのcronも変更しなければならないし、けっこうな作業が待っています。時間が無いので当分復旧できる見込みにありません。
 kiyo@kitanifarm.comにメールを送っていただいた方、すみません。http://kitanifarm.com/~・・・・をご覧頂いていた皆さんすみません。

  
Posted by kitanifarm at 08:47Comments(1)TrackBack(0)

京大病院

 今日も妻を連れ京大病院へ行ってきます。処置が成功することを祈るばかりです。

 そして、今日は第3回合併協議会、伊吹町役場で開催されますが傍聴できないのが残念です。ここで三山会長から編入(吸収)合併が提案されれば、いよいよ合併破綻に向かうのか、明日から始まる12月議会では議論の中心にしなければなりません。

  
Posted by kitanifarm at 07:33Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月08日

おかしな踏切

dfdd3e25.JPG

 写真を見てください。踏切の手前で歩道が途切れています。歩行者は車がぎりぎり対向できる程度のの踏切に入らないと向こうに渡れないのです。
 反対側も同じようになっています。
 場所は米原駅から北陸線に入ってすぐの県道踏切です。近江高等技術専門校が近くにありますし、地元の人たちが米原駅を利用するための踏切でもあります。

 どうすれば改善できるか調べていこうと思いますが、私の仕事ではないと言う関係者は誰か、見ものです。

  
Posted by kitanifarm at 18:34Comments(0)TrackBack(0)

通学路の標識

49eaedd1.JPG 11月12日頃から要望活動をスタートしました。天野川沿岸土地改良区には断られましたが、近江町産業土木課に取り組んでいただきました。
 見てください。写真を!


 



49eaedd1.JPG  この写真は古い標識です。

  
Posted by kitanifarm at 18:12Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月07日

合併の危機

 町長や議長は伊吹町、山東町、米原町と新設(対等)合併に向けた調整を重ねていただいているようです。しかし3町の編入(吸収)合併の声はとどまるところを知らず、ますます大きくなるといいます。そこで町長は「近江町民のためには合併を必達しなければ...」と議員や町民に理解を求めようとしています。
 しかし、大義が無い。新設(対等)でなければ町民に説明できなくなります。あっという間に町長は引きずり降ろされるでしょう。町長が住民のためと言い、3町に迎合しようとすればするほど合併は遠のくのではないでしょうか。
 私達の政策グループは鳩首協議していますが結論には及びません。  
Posted by kitanifarm at 14:22Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月06日

人権週間

a18c59d9.JPG 日本では12月4日から10日までを「人権週間」と定め,講演会の開催や街頭啓発など,全国的な啓発活動を展開していますが、本町でも12月6日私が会長を務める人権擁護部会で街頭啓発をおこない、今、午前の部を終了してきたところです。
 写真は、会員の皆さんと町職員とで啓発活動している様子です。  
Posted by kitanifarm at 12:37Comments(0)TrackBack(1)

湖岸清掃ボランティア

cc566395.JPG 5日、あいにくの空模様でしたが、県下一斉清掃の一環として琵琶湖岸清掃を行いました。
 写真は波しぶきの中、ゴミを拾う世継婦人会の皆さんです。
 このほか、母の郷文化センター周辺の湖岸へは地元企業の皆さんや近江町婦人会、老人会、赤十字奉仕団、役場職員、町議などが参加しました。  
Posted by kitanifarm at 08:35Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月05日

報恩講

b7d82891.JPG

 4日、5日は深光寺の報恩講です。
 昨日はお花を立てるなど、檀家総出で準備をし、午後のお勤めでは、佐々木住職導師の下、正信偈(しょうしんげ)を皆であげました。

 たった16軒の檀家でお守りしている浄土真宗仏光寺派四木山深光寺の縁起は次の通りです。



 ======================
 僧仁秀の開基(延暦
22年、803年)。法相宗に属し、興福寺と称する寺院であったが、いつの時か荒廃したのを佐々木山城守綱景の弟景貴、入道してこれを再興す。景貴、法号智海と称する。元応元年(1319年)3月、仏光寺了源上人の教化を受けて改宗(浄土真宗)し、今の寺号に改める。
 元亀(1570年)の兵火は当寺に及び、一時中断していたのを、僧春慶再興す。春慶は佐々木氏の庶流勝部氏。始め景光と称したが、寛永2年(1625年)栗太郡芦浦光徳寺において仏光隋庸上人の法筵(ほうえん)に加わり、その化導を受けて弟子となり、法名を春慶と賜る。
 よく3年の春、当寺を再興する。よって春慶を当寺中興の開基とする。正徳3年(1713年)10月、6世妙春院智源は、当寺を興福寺跡より今の地に移転する。文化8年(1811年)、8世妙徳院誓雄、本堂を再興する。当寺は室町時代(1336〜1568年)の末期より、深光寺能楽場として有名であった。
                 平成13年4月15日作成 佐々木正隆

  
Posted by kitanifarm at 07:45Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月04日

近江町の選択肢「対等合併/合併できない」の二つ

 3日の議員全員協議会では市町合併について協議しました。
 合併の基本4項目(々臺擦諒式 合併の期日 新市の名称 た兄圓了務所の位置)について、近江町議会の意見調整が主なテーマで、々臺擦諒式に議論が集中しました。


 まず、合併反対派から意見が上がり、「編入合併以外無理だ。今ごろ何を言っている。」と主張されました。合併反対派が編入合併を主張するということは、これが米原市と近江町の合併破綻につながると読んでいるからでしょう。それが証拠に、今まで住民投票とかアンケートを主張して「民意を聞け」と強く主張されていましたが、今回全くこの言葉は聞かれませんでした。


 次に坂田郡を割らない派から「合併までに時間が無い。編入で3町にお願いしないと合併できない」と主張されました。この派には「坂田を割らない気持ちだけで周りのことはわからない」と自ら何も考えていないと告白する議員や一言も発言しない議員もいて、自論を主張できるのはたった一人だけかと思ったのは私だけでしょうか。


 私達の政策グループは「多くの住民の意向は新設合併だ。編入合併で<町民を売るのか>との声もある。」「長浜市を含む枠組みとの決別の原因の一つは、編入・吸収を長浜市がしつこく主張したことにある。なぜ新米原市との合併なら編入・吸収で良いということになるのか。また編入・吸収だから長浜市を含む枠組みと決別すべきと先陣切ったのは<坂田郡を割らない派>ではなかったのか。」「ここで本町議会が編入・吸収合併を選択したなら町長不信任2度目ということになり、町長のとるべき道は辞職しかない。町長に辞職されたら、それこそ新米原市との合併も時間がなくなる。」として、現状に理解を求めました。
 私達の政策グループは、住民のためになる合併の成就に向け会派を越えた活動を展開しています。メンバーの発言は日常の政務調査研究の成果により、論理的、具体的でかつ説得力あるものでした。


 激論となりましたが、米原市との合併を町民にご理解いただくために、合併の方式は「新設・対等」以外ないことを最後に確認して議員全員協議会が終了しました。


 米原市が「新設・対等」を嫌えば合併できなくなるし、近江町議会が「編入・吸収」になびけば町長不信任=辞職=合併破綻となる。すなわち近江町は「新設・対等」で合併するか、合併できないか二つの選択肢しかないのではないでしょうか。

  
Posted by kitanifarm at 08:00Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月03日

編入・吸収合併を選択できるか

 今の段階で編入・吸収合併の選択は無いと考えるがいかがだろう。
 編入・吸収にこだわっておられる議員や先輩政治家は「時間が無いからしかたがない」とおっしゃる。新米原市側に立てばそうだろう。
 しかし、この選択をしたとき近江町では住民になんと説明するのだろう。町長は新設・対等合併に向け頑張ってこられた。ここで本町議会が編入・吸収合併を選択したなら町長不信任2度目ということになる。住民説明会にどの面下げていけばいいのか。そう考えると、ここで町長のとるべき道は辞職しかない。
 町長に辞職されたら、それこそ新米原市との合併も時間がなくなる。
 この瞬間、編入・吸収合併を選択をしようとする方は、町長不信任→辞職→合併破綻を選択しようとしているように思えるがいかがだろう。
 今日は議員全員協議会、私は以上のように主張するつもりだ。  
Posted by kitanifarm at 06:34Comments(0)TrackBack(0)

2004年12月01日

防犯パトロール隊意見交換会

ddff126a.JPG 30日、地域防犯パトロール隊の班長さんを招集し意見交換会を開催しました。オブザーバーとして坂田駐在所の玉川巡査部長や坂田郡交通安全協会の理事さん、町社会教育課の方にもご参加いただきました。
 防犯パトロール隊は今年の4月に設立され、30名の隊員さんに通学中の子ども達を見守っていただいています。
 坂田郡12校を巻き込む脅迫状事件、奈良の有山楓ちゃん誘拐殺害事件、そして長浜や彦根など近隣で発生している誘拐未遂事件を受け、パトロールの継続について話し合いました。
 話し合いの結果に基づき、実施要項を改訂しました。また、緊急時に備え警笛を全員に配布することとし区会計からの費用支出を決めました。  
Posted by kitanifarm at 23:58Comments(1)TrackBack(0)